3DSソフト、5か月間で4タイトルがダブルミリオンセラーを達成。日本のビデオゲーム市場で初めて

3DSソフト、5か月間で4タイトルがダブルミリオンセラーを達成。日本のビデオゲーム市場で初めて

 ニンテンドー3DSのソフトが、5か月間で4タイトルがダブルミリオンセラーを達成したというプレスリリースを任天堂が出しています。

 プレスリリースは次のものです。

 

 過去5か月間に発売されました以下のニンテンドー3DS用ゲームソフト4タイトルの当社調べによる国内販売本数(デジタル版含む)が12月7日時点でそれぞれ200万本を突破いたしましたことをお知らせいたします。

2014年7月10日
 『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』(株式会社レベルファイブ)
2014年9月13日
 大乱闘スマッシュブラザーズfor Nintendo 3DS』(任天堂株式会社)
2014年10月11日
 『モンスターハンター4G』(株式会社カプコン)
2014年11月21日
 『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』(株式会社ポケモン)

 日本国内で精度の高いビデオゲームソフト推定販売データが市場調査会社より入手可能になりました2000年以降、当社ゲーム機向けソフトで発売後累計販売本数が200万を超えたゲームソフトはニンテンドー3DS用で10タイトル(上記4タイトル含む)、ニンテンドーDS用で14タイトル、Wii用で8タイトル、ゲームボーイアドバンス用で2タイトル存在しますが、5か月という短期間に4タイトルがダブルミリオンセラーを達成したことは、全ゲーム機を通じて一度もありませんでした。

 ゲーム機本体につきましても、今年10月11日にNewニンテンドー3DSおよびNewニンテンドー3DS LLが新たにニンテンドー3DSシリーズに加わり、対応ソフトとして上記を含めたヒット作が継続的に発売されているため、日本国内推定販売台数は既に11月23日時点で1,700万台を突破しております。

 

 よって、3DSソフトは、5か月間で4タイトルがダブルミリオンセラーを達成し、この記録は、日本のビデオゲーム市場で初めてということになっているそうです。

 今回の記録は、4カ月連続で4作品などではないので、あまり区切りのいい記録ではないような気もしますが、国内で最も勢いのあるハードとして、日本のビデオゲーム市場で初めての記録を達成した凄さは十分あると思われます。

 なお、2014年12月は、3DS「妖怪ウォッチ2 真打」の発売があるので、「6か月間で5タイトルがダブルミリオンセラーを達成」という可能性もあるかもしれません。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    決算で社長が説明してたやつか
    現実になってめでたいけど
    決算のときからこの条件イミフって言われてたのにw

  2. 匿名 より:

    妖怪真打は予約でだいたい売り切れてるからなあ
    これも売れるのか…
    でも200万は…

  3. 匿名 より:

    条件がイミフとは思わないな。PS2、DS、Wiiでもなかった
    これ自体はまあスゴイ事だと思う。でも、この4タイトル
    以外やこの先を考えると何か単純に喜んでられないんじゃって思う。

  4. 匿名 より:

    中堅タイトルやマイナータイトルも手堅く売れてるけど、ブームに乗って何でも出せばとにかく売れる、状況では無いのは確かだな