カプコン、「ドラゴンズドグマ」が予想以上のヒット、「モンハン3G HD」がスマッシュヒット、スマホ、パチスロも好調

カプコン、「ドラゴンズドグマ」が予想以上のヒット、「モンハン3G HD」がスマッシュヒット、スマホ、パチスロも好調

 カプコンが、2013年3月期第3四半期を発表しました。

 カプコンの今回の決算は、前年同期に比べ売上高が44.6%増加、営業利益が45.9%増加しており、増収増益でおおむね好調になっています。

 好調の理由は、PS3、Xbox 360「ドラゴンズドグマ」が、特に国内において予想以上のヒットになり、Wii U「モンハン3G HD」がスマッシュヒットになったことなどが挙げられています。
 ちなみに、Wii U「モンハン3G HD」は、これまでに20万本ほど売れています。

 ゲームでは、他には、PS3、Xbox 360「バイオハザード6」もかなりの出荷数になっていますが、カプコン的には、「発売当初は堅調な出足を示したものの、その後伸び悩んだことにより計画未達となり、販売拡大のリード役を果たすことができませんでした」となっています。

好調の理由は、PS3、Xbox 360「ドラゴンズドグマ」が、特に国内において予想以上のヒットになり、Wii U「モンハン3G HD」がスマッシュヒットになったことなどが挙げられています

 カプコンは、スマホ用のゲームも好調で、「みんなと モンハン カードマスター」、「バイオハザードアウトブレイク サバイヴ」、「スマーフ・ビレッジ」などが収益につながっているようです。

スマホ用のゲームも好調で、「みんなと モンハン カードマスター」、「バイオハザードアウトブレイク サバイヴ」、「スマーフ・ビレッジ」などが収益につながっている

 さらに、パチスロの「バイオハザード5」が、予想を大幅に上回る売れ行きを示し、収益向上に大きく寄与したほか、受託ビジネスも増大するなど、事業規模が拡大して来ていることも明らかにされています。

 情報元

 iconパチスロ「バイオハザード5」  icon「スマーフ・ビレッジ」(AppStore)

スポンサーリンク

シェアする