カプコン、コーエーとの零&無双裁判の情報戦で後れを取る。勝ったのは…

カプコン、コーエーとの零&無双裁判の情報戦で後れを取る。勝ったのは…

 カプコンとコーエーの裁判結果が出ています。

 今回の裁判は、零や無双などが対象になっていたものです。

 

カプコンvsコーエーの零&無双の裁判

カプコンvsコーエーの零&無双の裁判

 カプコンとコーエーが裁判で争っているという事案は、2014年に明らかになっています。

 そこから3年以上経過し、ようやく地裁判決が出たようです。

 今回の判決は、大阪地裁がカプコンの一部の主張を認め、コーエーテクモに損害賠償として517万円の支払いを命じるというものです。

 損害賠償が発生した内容は、コーエーテクモの「零 紅い蝶」についてです。

 「零 紅い蝶」では、ゲーム内容に応じてコントローラーの振動を変化させる機能があり、これがカプコンの特許を侵害しているという判定が下されています。

 ただ、今回の裁判は、大きく分けると2つの争いがあるそうで、カプコンが主張していた「真・三國無双」と「戦国無双」シリーズに対する特許侵害は認められていません。

 よって、カプコンは、零に対しては勝ったものの、無双に対しては勝っていないというような内容になっています。

 

今回の判決は、大阪地裁がカプコンの一部の主張を認め、コーエーテクモに損害賠償として517万円の支払いを命じるというものです

カプコン、コーエーとの情報戦で後れを取る

 カプコンとコーエーの裁判は、このように、カプコン側に何も賠償は命じられていないので、あえて、どちらが勝ったのか負けたのか決めろと言われれば、コーエーテクモが賠償を命じられているため、コーエーテクモが負けたと言っていいものです。

 しかし、前述のように、無双部分ではカプコンが勝てていないので、これをどう評価するのかで微妙に内容も変わってきます。

 このような微妙な状態の中、今回の裁判に対する情報戦では、コーエーテクモがカプコンをリードしています。

 コーエーテクモは、「特許侵害訴訟の一部勝訴判決に関するお知らせ」と題したプレスリリースを早々に出し、一部ではありますが、カプコンに対して勝利宣言をしています。

 しかも、その中で、「業界の健全な発展を妨げる不当な権利行使に対しては、妥協することなく毅然とした対応をしてゆく所存」と書き、カプコンがただの特許ゴロのような印象を与える言い方もしています。

 実際には、前述のように、損害賠償を命じられているわけで、裁判所が根拠があると認めている内容があるにもかかわらず、この書き方です。

 よって、少し違和感もあるものになっていますが、コーエーテクモがこのプレスリリースを出したことで、いくつかの大手の法人ゲームメディアは、このプレスリリース通りに「コーエーテクモ勝利」の裁判であったとする記事を出していたりします。

 一方、カプコン側は、この記事時点では勝利宣言を出していません。

 よって、いくつかの大手の法人ゲームメディアに、コーエーテクモ勝利の記事を載せさせ、勝利の印象を多くの人に与えることに成功したという意味で、カプコンは、コーエーとの情報戦で後れを取っている状態になっています。

カプコン、コーエーとの情報戦で後れを取る

 ちなみに、Yahooトップなどでは、コーエーテクモ敗北という普通の解釈の内容で、読売新聞の記事が載っていました。

 なお、今回の裁判は、地裁レベルなので、どちらかが上訴すれば、今後どうなるかは分かりません。

 このため、零についても無双についてもコーエーテクモの権利侵害はないという判断になったり、あるいは、その逆になったりする可能性もあるので、まだどちらが勝ちなのかは分からないということも言えます。

 普通は、こういう裁判は、和解して終わるものですが、コーエー側は、「妥協することなく毅然とした対応をしてゆく所存」と、かなり強気で、今回の情報戦には完全勝利しているので、裁判が続くかもしれません。

 また、カプコン側も、これだけ言われて、和解というのはプライドも許さないのではないかと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    スマブラforだとそんなコーエーテクモの零のキャラとカプコンのロックマンのフィギュアを並べられたり

  2. 匿名 より:

    こんなことが無ければゼルダ無双に
    カプコン共同製作のゼルダ作品も入ってたかもしれなかったのに

  3. 匿名 より:

    無双のほうが何で争ってるのかとか零も内容に応じて振動だけじゃそんなのありふれてるのでもっと詳しく何が侵害とされてるのかも記事に盛り込んで欲しかったです

  4. 匿名 より:

    くだらない裁判だな。偽仮面ライダーVS偽仮面ライダーみたい。

  5. 匿名 より:

    強気なことを言っておいて、この件に関してはこのままうやむやにしてくという可能性はありそう
    コーエーテクモはもともとビジネス気質の強い胡散臭い会社だし、今回の件で両社の印象が変わるということはあまりないと思うけど

  6. 匿名 より:

    BASARAとかいう無双劣化クソゲーを出したカプコンは恥を知った方がいいな

  7. 匿名 より:

    振動に特許とか
    カメラ操作で透ける壁に特許とかひどい業界だな

    何がひどいって特許とって得するのは開発側で
    ユーザーは損するだけっていう…

  8. 匿名 より:

    ゼルダの権利は他社が作っていようが完全に任天堂のものだからカプコンがどうのこうのは関係ない
    ただ単にカプコン制作のゼルダってシリーズ中で人気の高いキャラがいないからでしょ
    ふしぎのぼうしとかの中で人気の高いグフーでさえゼルダ無双に参戦しているキャラと比べると人気の差が歴然だし