カプコン、モンハン4は好調なものの、MHFGなどが軟調で業績を下方修正。ソーシャルは惨憺たる結果に

カプコン、モンハン4は好調なものの、MHFGなどが軟調で業績を下方修正。ソーシャルは惨憺たる結果に

 カプコンが、平成26年3月期の連結業績予想の修正を発表しています。

 これによると、カプコンの平成26年3月期の連結業績は、3DS「モンスターハンター4」や、パチスロ「モンスターハンター月下雷鳴」が好調とのことです。

 一方で、モバイルコンテンツや、オンラインゲーム「モンスターハンターフロンティアG」が軟調になっています。

 そして、モバイルコンテンツや、PCオンラインゲームにおいて計画未達が続く厳しい状況になっていることから、開発および運営体制の大規模な見直しと組織の変更や、全てのモバイル、オンラインタイトルにおける将来の回収可能性を総合的に検討した結果、事業構造改善費用を計上することを決定し、これにより、約50億円の特別損失を計上し、平成26年3月期の連結業績予想を下方修正しています。

 よって、カプコンは、オンラインゲームや、ソーシャルゲームで苦戦しているということになっています。

 ちなみに、カプコンがリリースしているソーシャルゲームについては、今月上旬のインタビューで、カプコンの辻本春弘氏が

 当社は、ソーシャルゲームにも参入しましたが、惨憺たる結果です。タイトルを出したのはいいんですが、里見さんがおっしゃったとおり、ソーシャルゲームならではのルールがあります。負荷をかけてサーバーがダウンしたらダメとか、こんなところで課金したらダメとか、そういうことをわからずにやってしまったので、利益につながっていません。

・・・ということもコメントしており、「惨憺たる結果」ということで全く利益になっていないようです。

 なお、カプコンには、あまりソーシャルゲームは求められていないのではないかというような感じもしますが、スクエニなどがそれなりに上手くスマホ用のゲームなどを展開しているところをみると、カプコンのスマホゲーは作り方やタイトルの選択が良くないというところはあるのかもしれません。

 情報元 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    なんでもかんでもスマホにすれば良いってわけじゃないだろうしね

  2. 匿名 より:

    大手サードのソーシャル動向は

    セガ、バンナムが勝ち組
    スクエニ、コエテクが堅調
    コナミが停滞気味
    カプコンが負け組

    って感じかな。コナミはフットワークが軽かったけど最近は冴えないね

  3. 匿名 より:

    カプコンはモンハン以外のCSソフトが死んでいってるのも問題だと思う
    今年は4Gあるからいいけど5発売までに大ヒットしそうなソフトがあまりない気がする…

  4. 匿名 より:

    バイオは6も売れてたしドラゴンズドグマもそこそこ売れてたし、全くダメって事も無い
    逆転裁判も好調だったし
    まあ全体的にはあまり安心でも無いんだろうけど

  5. 匿名 より:

    バイオは年々酷くなるからいつかしっぺ返しくらいそう
    セガってソーシャルなにあったっけ?
    まあいつかソーシャルバブルも弾けるんだろうな

  6.    より:

    ソーシャル向けの「かる~~い」ノリのゲームが少ないのもあるかもね
    バイオなどがあれらに向いてる雰囲気のゲームとは思えん

    そういう意味でもガイストクラッシャーだっけ?
    あれに伸びて欲しかったのかもしれんが、あっちもコケたし
    ってか、ああいう子供向けコンテンツが簡単に当たるなら何処も苦労せんわな

  7.   より:

    カプコンは硬派なゲームしか作れないんだから、ソーシャルは向かないよね

  8. 匿名 より:

    レベル5を吸収出来ればカプコンは最強なんだがなあ