MOTHERっぽい3DSゲーム「Citizens of Earth」、海外で不正に利用される方法が発見され販売停止に

MOTHERっぽい3DSゲーム「Citizens of Earth」、海外で不正に利用される方法が発見され販売停止に

 「Citizens of Earth」という3DSゲームが、海外で販売停止になっています。

 アトラスが海外で販売しているインディゲーム「Citizens of Earth」は、現代を舞台にしたMOTHERっぽいRPGです。

 「MOTHER」の海外名は「EarthBound」であり、「Citizens of Earth」の「Earth」はそれを意識しているということでもあります。

「Citizens of Earth」という3DSゲームが、海外で販売停止になっています

 3DS「Citizens of Earth」は、2015年1月にアメリカなどでダウンロード専用ソフトとして販売が開始されていますが、少し前に不正に利用される方法が発見され話題となっていました。

 発見された「Citizens of Earth」の脆弱性を利用すれば、自作のプログラムなどを3DSで使用することが出来るようになり、改造などに利用される恐れがあります。

 過去に、「Cubic Ninja」などでも同様に話題となり、そういったものは既に存在するので、ここから新たな改造などが始まるということでもないようですが、また不正に利用される作品が発見されたためイーショップでの販売が停止となっています。

アトラスが海外で販売しているインディゲーム「Citizens of Earth」は、現代を舞台にしたMOTHERっぽいRPG

 なお、今作はマルチソフトになっていて、WiiUやPS4、PSVITA版なども存在します。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    日本でも配信されてるけど
    大丈夫なのかな?