大逆転裁判2、レビューは34点。前作プレイ済みで評価されるソフトに

大逆転裁判2、レビューは34点。前作プレイ済みで評価されるソフトに

 3DS「大逆転裁判2」のファミ通レビューが明らかになっています。

 これによると、今作のレビューの点数は、34点が付けられています。

 

大逆転裁判2、前作プレイ済みで評価

大逆転裁判2、前作プレイ済みで評価

 「大逆転裁判2」は、カプコンの逆転裁判シリーズの新作です。

 本編とは異なり、成歩堂龍一の先祖である成歩堂龍ノ介を主人公とした作品になっていて、外伝シリーズの新作とも言えます。

 前作の「大逆転裁判 成歩堂龍ノ介の冒險」は、2015年7月に発売されているため、ちょうど2年ぐらい経って新作が登場して来ることになります。

今回、ファミ通が、2017年8月3日に発売予定の、3DS「大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟」のレビューを出しています

 そして、今回、ファミ通が、2017年8月3日に発売予定の、3DS「大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟」のレビューを出しています。

 これによると、今作のスコアは、9、9、8、8の34点です。

 レビュー内容としては、ゴールド殿堂入りでもあるので、あまりマイナスのポイントは指摘されていませんが、まず、目新しいシステムがないという指摘がなされています。

また、今作は、前作の「大逆転裁判 成歩堂龍ノ介の冒險」から続きになっている話があります

 また、今作は、前作の「大逆転裁判 成歩堂龍ノ介の冒險」から続きになっている話があります。

 このため、これを知らないと完全に楽しむことは無理な感じもあり、前作プレイ済みで初めて評価されるようなソフトにもなっています。

 一応、前作のフォローはあるようなので、今作からプレイしても、もちろん遊べますが、ファミ通レビュアーの1人は、今作を遊ぶ前に前作のプレイを「推奨」していたりもします。

簡単に言えば、前作と今作でワンセットになっているようなゲームなので、前作だけ、あるいは今作だけではあまり評価は出来ず、逆に、前作プレイ済みならば、今作はわりと高く評価できるソフト

 なお、前作の「大逆転裁判 成歩堂龍ノ介の冒險」は、Amazonレビューが星2.8であり、評価があまり高くありません。

 その理由は、全ての謎が1作目だけで完結しないという部分が大きいです。

 よって、簡単に言えば、前作と今作でワンセットになっているようなゲームなので、前作だけ、あるいは今作だけではあまり評価は出来ず、逆に、前作プレイ済みならば、今作はわりと高く評価できるソフトになっているということです。

1作目で謎だった部分は今回でキチンと明かされるようなので、1作目購入者は今回の2作目を購入して疑問を解消するといいということになります

 ちなみに、ファミ通レビューでは、さすがに結末は書いていませんが、レビュー内容を見る限りでは、今回はちゃんと謎が完結するような書き方になっています。

 このため、1作目で謎だった部分は、今回、キチンと明かされるようなので、1作目の購入者は2作目も購入して疑問を解消するといいということになります。

 なお、前作がまさかの未完だったので、今作で、また新たな謎が出て、それが3作目まで引っ張られる可能性もあるかもしれませんが、今のところ、そのようなものがあるかどうかは明らかになっていません。

予約、購入 :
 大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟 Amazon 楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    一作で完結しないのはまあいい。
    最終話が普通の事件レベルでなんのヤマもなかったのがダメ。