どうぶつの森、スマホ版は基本プレイ無料のアイテム課金制。ガチャは…

どうぶつの森、スマホ版は基本プレイ無料のアイテム課金制。ガチャは…

 「どうぶつの森」のスマホ版の情報が発表されました。

 今作は、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」というタイトルで配信されます。

 

どうぶつの森 ポケットキャンプ

どうぶつの森 ポケットキャンプ

 「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は、任天堂の「どうぶつの森」シリーズの新作で、今回は、スマートフォンで遊べるゲームになっています。

 スマホ版どうぶつの森は、ツール的なものかと言われていたこともありましたが、普通に遊べる新作になっています。

 今回の舞台は、タイトルにもあるように「キャンプ場」です。

 プレイヤーは、キャンプ場の管理人となり、どうぶつたちが集まる賑やかなキャンプ場を作るのがゲームの目的です。

「どうぶつの森」スマホ版は、基本プレイ無料となっています

 どうぶつたちのお気に入りの家具を作ったり、オブジェを飾ったりしながら、キャンプ場を発展させていきます。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のアイテム課金は、「リーフチケット」と呼ばれるものになります

 また、これまでのシリーズでおなじみの、フルーツを拾ったり、釣りやムシ取りをしたりする要素もあります。

 よって、ゲーム性はこれまでの「どうぶつの森」と大体同じであり、スマホ版になったことで特に変更はないので、従来のシリーズファンは違和感なく楽しめると思われます。

プレイヤーの家に相当するのは「キャンピングカー」であり、この内装を、自分の家と同じような感じで行っていく

 ちなみに、今回は村ではなくキャンプ場なので、家はありません。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は、家具やオブジェの制作などを依頼すると、完成までに待ち時間

 プレイヤーの家に相当するのは「キャンピングカー」であり、この内装を、自分の家と同じような感じで行っていくことが出来ます。

 

魚を一気に捕れる投網や、ムシを大量に捕まえることが出来るミツ、ベルがたくさんゲット出来る鉱山の採掘などでも「リーフチケット」

基本プレイ無料のアイテム課金制で、ガチャは…

 「どうぶつの森」スマホ版は、基本プレイ無料となっています。

 スーパーマリオランのように、一部無料で、後に一括購入するタイプではなく、基本的には無料でほとんどの要素を楽しむことが出来ます。

 ただ、アイテム課金の要素が入っています。

 「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のアイテム課金は、「リーフチケット」と呼ばれるものになります。

これがあればかなり効率的にプレイ可能になっており、時間短縮のために課金するようなシステム

 「リーフチケット」は、時間短縮などに使えるアイテムです。

 「どうぶつの森 ポケットキャンプ」では、家具やオブジェの制作などを依頼すると、完成までに待ち時間が発生します。

 家具やオブジェによって異なる○時間の待ち時間は、このリーフチケットがあれば、一瞬で消化出来るようになっていて、待たなくてもすぐに入手可能になります。

「リーフチケット」は、課金でゲットする以外に、ゲーム内の「しずえチャレンジ」をクリアすることでも入手

 また、魚を一気に捕れる投網や、ムシを大量に捕まえることが出来るミツ、ベルがたくさんゲット出来る鉱山の採掘などでも「リーフチケット」を使用します。

 よって、これがあればかなり効率的にプレイ可能になっており、時間短縮のために課金するようなシステムです。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の課金は、現在明らかにされているのは、このチケットのみで、ガチャがあるという情報

 ちなみに、「リーフチケット」は、課金でゲットする以外に、ゲーム内の「しずえチャレンジ」をクリアすることでも入手出来ます。

このため、基本的に、このゲームにガチャ課金はないと思っていいかもしれません

 チケットの価格は、上のようになっていてかなり安いですが、1枚で出来ることの詳細が今のところ不明なので、実際に安いかどうかは今後の情報次第となっています。

ゲーム進行に支障のない、レア家具ガチャぐらいはあってもいいような感じもありますが、おそらくやらないと思われます

 なお、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の課金内容は、現在明らかにされているのは、このチケットのみで、ガチャがあるという情報はありません。

 このため、基本的に、このゲームにガチャ課金はないと思っていいかもしれません。

 ゲーム進行に支障のない、レア家具ガチャぐらいはあってもいいような感じもありますが、おそらくやらないと思われます。

 「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のゲーム内容が紹介されているニンテンドーダイレクトの動画はこちら。

 配信は、2017年11月下旬の予定です。

 対応スマホは、iOS 9.0以降、Android 4.2以降です。

 公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ガチャなくてよかった(歓喜)

  2. ゲーマー より:

    ファイアーエムブレム ヒーローズとマリオランの中間かな。
    そこまで強烈な課金要素は無いけど、ポケモンgoとサンムーンみたいな相乗効果に繋がるかな?
    ポケモンgoはゲームシステムが差別化出来たけど、ここまで本格的なアプリだとスイッチ版は大丈夫かな?

  3. 匿名 より:

    普通に評価できる程度のアプリになってるって印象
    どうぶつのもりの基本的な要素は全て備えてるし、かといってゲーム専用機ほどに複雑ではない感じで。課金要素もガチャじゃないのがいいね
    ゲーム機を買わない層からは着実に集金しつつ、大ボリュームを定額でやりたいって人にはゲーム機を買わせる効果もあると思う

  4. 匿名 より:

    どうぶつの森でガチャ要素を入れなかったのは賢明な判断だな。

  5. 匿名 より:

    これだとどうぶつの森のニンテンドースイッチ版なんて当分出ないんじゃないかな
    すぐ出せば食い合うだろうし
    出そうにない気がする
    っていうかCS版が終わらないか心配だ

  6. 匿名 より:

    ガチャが無ければ放置ゲームみたいな感じやな

  7. 匿名 より:

    自宅がないのはちょっと味気なくて残念かなぁ。車は部屋増やせるんだろうか

  8. 匿名 より:

    キャンピングカーは2階建てに出来るみたい
    でも部屋狭いよね…

  9. 匿名 より:

    うまく課金要素を落とし込めたね。

  10. 匿名 より:

    艦これタイプの課金の実験かな
    じゃあグッズやswitch本体+CSどう森新作ソフトの収益アップが重要になりそう

  11. 匿名 より:

    すぐにはスイッチで出なさそうですね。
    でもスマホ版も楽しみ。
    どう森はスマホが向いていると思うので今後の展開どうなるか?
    スイッチ版出すのか。出さないのか。

  12. 匿名 より:

    思った以上に良い感じのゲームデザインだった。スイッチ版は従来から大きく変えて、家庭用に相応しい豪華な要素詰め込めば差別化出来る筈。スポーツゲーム丸々1本分レベルのジョイコン使ったアクティビティとか村を基点に街・山・島と自由に開拓出来て、シームレスに移動可能な見下ろし視点オープンワールド化とか

  13. ゲーマー より:

    普通に考えたらポケモン本編が来るので、ぶつ森新作もスイッチに来るでしょ。

  14. 匿名 より:

    意外とどう森をスマホ版で、ってかんじでよかった
    効率化するためにリーフチケットいるけど、そんな課金しなくていいかなと思ったわ

  15. 匿名 より:

    >ゲーム進行に支障のない、レア家具ガチャぐらいはあってもいいような感じもありますが

    いや、悪いがどう森ユーザーのほとんどはない方がいいと思ってると思う

  16. 匿名 より:

    なんだかんだ村じゃないしお手軽どうぶつの森って感じだね
    このクオリティじゃ配信が遅くなったのも納得できる
    将来連動でスイッチ版が出るのは間違いない

  17. 匿名 より:

    いいコンテンツだと思ったら、必要不可欠でない要素にでもちょっとお金を払ってあげる「おふせ」をしてあげるといいかもね

  18. 匿名 より:

    どう森はアイディア勝負みたいなところが
    あるので作るのは時間かからないと思う。
    一番いい配信時期を考えていただけで気にしなければいつでも配信できたはず。

  19. 匿名 より:

    この課金方法は後から何とでもできそうな仕様に見えるけどね。
    ユーザーの反応を見て調節してきそう。

  20. 匿名 より:

    リセットさん出ますかね?