妖怪ウォッチ、映画第3弾の初動は前年比57.5%に大きく減少も、35億円以上の興収を見込む

妖怪ウォッチ、映画第3弾の初動は前年比57.5%に大きく減少も、35億円以上の興収を見込む

 妖怪ウォッチの映画第3弾の初動が明らかになっています。

 これによると、「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は、オープニング2日間で動員54万5211人、興収6億0803万3100円を記録したとのことです。

 妖怪ウォッチの今回の映画の初動は、前年比で57.5%の大きな減少となっています。

減少が著しいものの、最終的に35億円以上の興収が見込めるものであり、映画としては依然としてヒット作になっています

 ただ、減少が著しいものの、最終的に35億円以上の興収が見込めるものであり、映画としては依然としてヒット作になっています。

 ちなみに、前作の「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は、最終興収55.3億円でした。

 なお、妖怪ウォッチは、ゲームの売り上げも下がって来ているので、「ブーム」は終わったと言ってもいいかと思われますが、ゲームはまだまだ、この時代に数少ないミリオンセラーを記録するものであり、映画も大ヒット圏内なので、今後、「安定した人気作品」に出来るかどうかが注目かもしれません。

  情報元

 妖怪ウォッチ3 スキヤキ Amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする