ファイナルファンタジー7 リメイク、しばらく大きな情報はない見込み

ファイナルファンタジー7 リメイク、しばらく大きな情報はない見込み

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」について、スクウェア・エニックスの野村哲也氏が、ファミ通でコメントしています。

 これによると、今作の大きな情報は、しばらく発表されない見込みになっているそうです。

 

「ファイナルファンタジー7 リメイク」について、スクウェア・エニックスの野村哲也氏が、ファミ通でコメント

FF7 リメイク、しばらく大きな情報はない

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」は、スクウェア・エニックスがプレイステーション4で発売予定にしているタイトルです。

 1997年に初代プレイステーションで発売されたFF7のリメイク版であり、グラフィックのみならず、シナリオについても一部追加などが予告されており、完全フルリメイクが行われる予定です。

 E3 2015で発表されて以降、ほとんど情報が出ていませんが、スクウェア・エニックスの野村哲也氏によれば、今後もまだしばらく、大きな情報は公開されない見込みになっているそうです。

 よって、もうすぐ、東京ゲームショウなどもありますが、そういったところで何か情報が出ることはないと思っておいた方がいいようです。

FF7 リメイク、しばらく大きな情報はない

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」の情報がしばらくでない理由は、野村哲也氏によれば、現在、開発体制を外注から内製に移行していることが関係しているそうです。

 今作は、ジョジョのゲームなどでおなじみの「サイバーコネクトツー」など、いくつかの外部の企業によって開発されていましたが、その体制が廃止され、スクウェア・エニックスの内部スタッフによって開発するように変更されています。

 現在は、まだこの移行作業中であることもあり、新情報は出せないそうです。

 ちなみに、FF7リメイクの開発状況は、カットシーンなど、一部は「キングダムハーツ3」よりも進んでいるところもあるそうで、完全に停滞しているわけではないようです。

「ファイナルファンタジー7 リメイク」の情報がしばらくでない理由は、野村哲也氏によれば、現在、開発体制を外注から内製に移行していることが関係

 なお、スクウェア・エニックスの内部開発は、「ビジネス・ディビジョン」という名称で、いくつかの部署に分かれているそうです。

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」は、第1ビジネス・ディビジョンが担当、「キングダムハーツ3」は第3ビジネス・ディビジョンが担当しており、野村哲也氏は、ビジネス・ディビジョンとは無関係に、様々なタイトルに関われる立場にあるとのことです。

 良く言えば、スクエニ版の宮本茂のような立ち位置ですが、野村氏自身は「傭兵みたいなもの」とコメントしています。

スポンサーリンク

コメント

  1. LASTBOSS より:

    いつになるかは分からないですけど僕は待ちます。
    でも完成した頃にはPS4だけでなく、PS5とかXboxの新ハードとかにマルチプラットフォームを移してそうだな…

  2. 匿名 より:

    そりゃ最近になって製作体制の見直しをしてるくらいですしね

  3. 匿名 より:

    PS5で出るよwww

  4. 匿名 より:

    今のスクエニ見てるとなぁ、FF7すら改悪してファンから叩かれる気しかしない

  5. 匿名 より:

    15と同じ道を辿りそうやわ

  6. 匿名 より:

    もうPS4は視野に入れずに作った方がいいかも
    発売する頃には、PS5出てそうだし

  7. 匿名 より:

    真面目な話、スクエニなら普通に5年後とかに出すから困ります
    いや、たった5年で済むのかどうか

  8.   より:

    そのままFFに出ても違和感のない区分名だ

  9. 匿名 より:

    そして2年後

    クラウド「世界は常に変化する。16番目だ」

  10. 匿名 より:

    スクエニは時間かけたからって良いもの作るわけじゃないからなぁ
    完結編出る頃にはお年寄りになってそうだ・・・