フロム・ソフトウェアがKADOKAWAの子会社になる

フロム・ソフトウェアがKADOKAWAの子会社になる

 フロム・ソフトウェアがKADOKAWAの子会社になったことが発表されました。

 これは、KADOKAWAが、フロム・ソフトウェアの株式を取得して子会社化したことによるものです。

 KADOKAWAは、角川ゲームスというゲーム事業を行う子会社が既にありますが、

 - KADOKAWAはフロム・ソフトウェアをKADOKAWAの100%子会社である株式会社角川ゲームスと共に、グループのゲーム事業の中核会社と位置付け、事業を展開する予定です。
 - 今後、フロム・ソフトウェアは、角川ゲームスとの間で企画、開発、販売における資源を相互活用し、両社の強みを生かした新しいIPおよびゲームの制作、成長が見込まれる海外市場や新しいゲームプラットフォームを見据えた事業展開を行い、グループ各社と連携したネット・デジタル、グローバル市場への進出も積極的に行っていく予定です。

・・・とのことで、それぞれ別の子会社として存続させ、企画や開発などを相互に行っていくことが発表されています。

 なお、フロム・ソフトウェアは硬派なゲーマー向けの作品が多く、角川ゲームスはキャラゲーが多く、全く違うゲーム事業を行っているとも言えるので、事業領域の拡大という点では、今回のKADOKAWAのフロム・ソフトウェアの子会社化は、KADOKAWAグループにとってメリットが大きいかもしれません。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    角川は何でもいいから桃鉄とかボンバーマンとか元ハドソンに作らせてくれ

  2. 匿名 より:

    今の所の角川ゲームスを見てる限りでは、あまり売れないけどゲームファンが喜ぶゲーム、が出る可能性は限りなく低そう