岡本吉起氏のゲームリパブリックは、資金がショートし社員全員に辞めてもらった、海外逃亡説などは否定

岡本吉起氏のゲームリパブリックは、資金がショートし社員全員に辞めてもらった、海外逃亡説などは否定

 元カプコンで、「ゲームリパブリック」という開発会社を作っていた岡本吉起氏のコメントが、ファミ通Appに掲載されています。

 「ゲームリパブリック」は、「GENJI」などを開発し、かつては社員数もかなり多かったものの、少し前から公式サイトなどが閉鎖され、音沙汰がなくなっています。

 これについて、岡本吉起氏は、

 ゲームリパブリックという会社を経営していたのですが、諸事情により資金がショートしまして、たいへん申し訳ないことですが社員全員に辞めてもらうことになりました。現在も会社はあるのですけど、社員は僕ひとりです。そして会社をたたまなかった理由は、負債を返済したいという思いがあったからです。その後は、ちょっと病気をしまして、闘病生活を続けていました。だから、空白の期間というのは、ふつうに病気をしていた時期になります。

・・・ということを明らかにしています。

 そして、何のお知らせもなく公式サイトが閉鎖などされていたため、様々なことが噂されていましたが、それについては、

 死んだ説と、海外逃亡っていうのが説がありました。海外に出てるっていうのはまだいいんですけど、逃亡はしていませんから。間違ってますから! だから、逃亡って言葉は使ってほしくないですね。皆さんも岡本は「犯罪くらい犯してるんだろ」というイメージがあると思うんですけど、犯罪者ではないです(笑)!

・・・ということをコメントし、海外逃亡説などを否定しています。

 なお、現在は、Android向けアプリ「神魔戦記ブレード&カオス」というものの開発に関わっているそうで、

 元気100%なのかというと、まだそんなことはないのですが、ほぼもとに戻りましたという状況です。それで、知り合いの会社でもある394で、社員ではなく外部のアドバイザーという形でお世話になっています。

・・・とのことで、株式会社394というところで働いているようです。

 あの岡本吉起が再始動! 空白の期間でいったい何が!?(ファミ通App)

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    元気そうで何より
    でもスマホに行っちゃったら面白くないなw