「超速変形ジャイロゼッター」のゲームは3DSで発売され、ジャンルはRPG、アニメは10月から放送予定

 スクウェア・エニックスの「超速変形ジャイロゼッター」の新情報が公開されています。

 「超速変形ジャイロゼッター」は、アーケードゲームが基本になっていますが、このアーケードゲーム版は、2012年6月21日から、全国のアミューズメント施設などで先行稼働するそうです。

 アーケード版の1プレイは100円で、1プレイにつきカード1枚が提供され、カードのみの購入も可能になっています。

 ゲーム内容は、ライバルとクルマで競う「ドライブモード」、クルマからロボットに変形し、3体のチームで戦う「バトルモード」が用意されています。

 そして、「ジャイロゼッター」のゲームはニンテンドー3DSでも発売され、ニンテンドー3DS版のジャンルはRPGになっていることが発表されました。

 詳しい情報はまだ明らかにされていませんが、3DS版は、アーケードやアニメ、マンガと世界観を共有しつつ、単独でも楽しめるストーリーになっており、通信や対戦なども盛り込んだ作品になっているそうです。

 この3DS版のタイトルは、「超速変形ジャイロゼッター RPG(仮称)」と発表されています。

 さらに、「ジャイロゼッター」のアニメが、2012年10月から、テレビ東京系列で放送されることも発表されています。

 放送時間などは不明ですが、次のようなストーリーが公開されています。

 
 21世紀―日本―
 自動車に革命が起き、人工知能で誰もが安全に運転できる車が開発された。
 その名も「エーアイカー」

 そして2012年-横浜新都心―
 「エーアイカー」のみが走るモーターモデル都市・横浜新都心では、子供たちが運転技術を学べる、特別な学校「アルカディア学園」があった。

 このアルカディア学園に通う小学5年生・轟駆流(とどろき かける)は、「エーアイカー」の運転が得意な少年。
 ある日、彼は学園長の元に呼び出され、人類を救う「選ばれしドライバー」であることを告げられる。

 そして彼に託される1台の車『ライバード』。
 それは、「エーアイカー」ではなく、ロボットに変形する車「ジャイロゼッター」だった!

 その時、敵の襲来を告げる警報が…。
 今、カケルと“ジャイロゼッター”の戦いが幕を開ける!

 
 また、アニメのスタッフとキャストは、敬称略で、次のようになっています。

<STAFF>
・ 原作:スクウェア・エニックス
・ 企画・原案:市村龍太郎
・ 監督:高松信司
・ シリーズ構成:佐藤大とストーリーライダーズ
・ 音楽:佐藤直紀
・ キャラクターデザイン原案:カイエダヒロシ
・ キャラクターデザイン:湯本佳典
・ ジャイロゼッターデザイン:石垣純哉/池田幸雄/渭原敏明/今石進/海老川兼武/界グラフィックス/片貝文洋/河森正治/常木志伸/ヒラタリョウ/ブリュネ・スタニスラス/森木靖泰/矢薙じょう/ロマン・トマ/鷲尾直広(五十音順・敬称略)
・ 制作 :A-1 Pictures
・ 製作 :ジャイロゼッター製作委員会
・ コピーライト表記:(C)スクウェアエニックス/ジャイロゼッター製作委員会・テレビ東京

<CAST>
・ 轟 駆流:井上麻里奈
・ 稲葉 りんね:井口裕香
・ 速水 俊介:松岡禎丞
・ クロード博士:中田譲治
・ 赤名 累:田中理恵
・ マイクマン関:関智一
ほか

 
 「超速変形ジャイロゼッター」については、他には、バンダイからフィギュアなどの各種玩具が発売されることも発表されています。

 
 公式サイト  アニメサイト

コメント

  1. 匿名 より:

    このせいでアニメ SKET DANCEが終わるかもしれないのは残念。
    噂では木曜夕方6時。