コナミ、メタルギアの新作の開発を発表。一方で、小島プロダクションやhideo kojima gameの表記の削除なども次々と始まる

コナミ、メタルギアの新作の開発を発表。一方で、小島プロダクションやhideo kojima gameの表記の削除なども次々と始まる

 コナミが、メタルギアの新作の開発を発表しています。

 コナミは、公式サイトで、

 KONAMIは新たな『メタルギア』シリーズの制作に着手することを決議しました。
 制作にあたり、主要スタッフのオーディションを開始いたします。
 応募はコナミホームページの採用サイトをご参照ください。

・・・ということを発表し、メタルギアの新作の開発を明らかにしています。

 スタッフオーディションへの応募は、こちらから行えます。

 

 ちなみに、今回、メタルギアの新作がこのタイミングで発表されたのは、小島プロダクションが解体になったという噂があるためです。

 噂は、小島プロダクションの公式サイトがなくなっていたり、小島プロダクションのツイッターが、メタルギアのツイッターアカウントに移行することが発表されていたり、メタルギアの公式サイトから小島プロダクションの表記が削除されていることから言われています。

コナミが、メタルギアの新作の開発を発表しています

 また、コナミ公式のツイッターアカウント一覧に、先日まであった「小島秀夫」のアカウントも現在は削除され、なくなっており、

メタルギアの新作がこのタイミングで発表されたのは、小島プロダクションが解体になったという噂があるためです

 「hideo kojima game」と書かれていたMGS5のPRイメージも、海外では、その表記が削除され、

「hideo kojima game」と書かれていたMGS5のPRイメージも、海外では、その表記が削除され

 過去のメタルギア作品のパッケージ画像からも「hideo kojima game」の表記が削除され始めています。

 コナミは、

 シリーズ最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(メタルギア ソリッド V ファントムペイン)』(以下MGSV:TPP)は、小島秀夫とともに、先日発表させていただいた通り、2015年9月1日(火)に北米・中南米・欧州を皮切りに、日本・アジアは9月2日(水)より発売する予定です。
 また、KONAMIは『MGSV:TPP』の後も『メタルギア』シリーズの制作、提供を続けてまいります。
 今後も引き続き『メタルギア』シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

・・・ということを発表しており、MGS5が発売中止になるようなことはないことを明らかにしていますが、前述のスタッフ募集などによって、MGS5が完成した以降は、小島秀夫監督の関わらないメタルギアが作られる予定になっているのではないかということが予想されています。

過去のメタルギア作品のパッケージ画像からも「hideo kojima game」の表記が削除され始めています

 なお、このコナミの発表のページには、「ご参考 機構改革・人事異動に関するお知らせ (2015年3月3日)」というものもリンク掲載されており、その人事異動のお知らせでは、これまで「エグゼクティブコンテンツオフィサー」であった小島秀夫監督の名前がなくなっているので、コナミは、既に社内で小島秀夫監督を重要な役職から外しており、新体制をスタートさせているような感じにもなっています。

 情報元

 メタルギアソリッド5 ファントムペイン Amazon

 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    メタルギアといえば小島監督
    小島監督といえばメタルギアだから
    小島監督なしで作っても成功しないと思うけどね
    まあストーリー性を極力排除して
    ステルスアクションゲーに特化すればワンチャンあるけど

  2. 匿名 より:

    コジプロコジカンはコナミで一番最後まで残りそうだったのに
    これは予想外だわ
    ラブプラスの人と一緒にこっちもばっさりやられたのか

  3. 匿名 より:

    なんとなくこっちもやられるんじゃと思ってたら案の定だな
    コナミはどこへ行ってしまったのやら・・
    どこかで拾ってくれないもんかな

  4. 名無し より:

    小島の後継者は育っているのか?
    あのタイトルの二の舞になるのが見える。

  5. 匿名 より:

    単なる話題作りな気もするけどなあ。
    更に子会社化してーとかそんな感じだったりして。

  6. 匿名 より:

    小島依存を無くすためにあえて解散したんでしょ?

  7. 匿名 より:

    何がどうなろうと、現実にコナミのゲームは着々と存在感を失いつつあるしコナミ自体もあまりゲームに熱心じゃないのは今まで通りな感じではある