風神雷神をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が制作され、美術館で展示に

風神雷神をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が制作され、美術館で展示に

 風神雷神をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が制作されました。

風神雷神をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が制作されました

 「琳派400年」と「スーパーマリオ30周年」の記念して、現代の琳派継承者の1人である山本太郎氏が、琳派の技法で「マリオ&ルイージ図屏風」を制作しました。

 琳派(りんぱ)とは、造形芸術上の流派のことで、俵屋宗達による「風神雷神図」などがこの表現手法で描かれています。

「琳派400年」と「スーパーマリオ30周年」の記念して、現代の琳派継承者の1人である山本太郎氏が、琳派の技法で「マリオ&ルイージ図屏風」を制作しました

 そして、今回、有名な「風神雷神図」が、マリオとルイージになった「マリオ&ルイージ図屏風」というものが、琳派の正当な継承者の1人の絵師によって制作されたということです。

 「マリオ&ルイージ図屏風」は、2015年10月23日(金)から、京都市の美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F)で開催される、「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」展で一般公開も行われる予定です。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    すごい作品なんだろうけど
    誰得なんだろうって思っちゃうw

  2. 匿名 より:

    カッコいい…‼︎