「イナズマイレブンGO2」の「拓長」に「霧野」が嫉妬に近い感情、「白竜」と「太陽」の加入、ワンダバはモフモフ声を想像していた

「イナズマイレブンGO2」の「拓長」に「霧野」が嫉妬に近い感情、「白竜」と「太陽」の加入、ワンダバはモフモフ声を想像していた

 雑誌「ニンテンドードリーム 2012年10月号」で、「イナズマイレブンGO2 クロノストーン」の情報が少し明らかになっています。

 これによると、まず、霧野がジャンヌ・ダルクとミキシマックスすることについては、既に明らかにされていますが、その経緯として、神童が織田信長とのミキシマックスを完成させ、いわゆる「拓長」の状態になったことに対して、霧野が嫉妬に近い感情を抱き、思い悩むというものが明らかにされています。

 そして、思い悩む中、霧野とジャンヌ・ダルクが出会い、ミキシマックスを完成させるとのことです。

 「イナズマイレブンGO2 クロノストーン」については、他には、これは既に、この冬公開の映画の登場キャラクターとして明らかになっていますが、「白竜と太陽がイナズマイレブンに加入!?」として、プロトコルオメガ3.0を乗っ取る「ザナーク」登場の紹介に関連して、白竜と太陽の紹介が改めて行われていて、それほど遠くない時期に白竜と太陽が加入して来るのではないかというようなことも明らかになっています。

 さらに、「イナズマイレブンGO2 クロノストーン」については、レベルファイブの長野拓造氏が、クマ監督の「クラーク・ワンダバット」についてコメントしています。

 これによると、「クラーク・ワンダバット」は、最初は、マスコット感満載で、鋭い爪、昔風アイドルコスチュームのかわいいベロ出しクマを描いたものの「余裕でボツ」になったそうです。
 そして、かわいいけどオッサン感が欲しいということで、現在のような姿になったとのことです。

 ただ、ワンダバは、長野拓造氏のイメージでは、アンパンマンのカバオくんのようなモフモフ声を想像していたものの、アニメでは吉野裕行さんのあの声だったので、「だいぶキャラのイメージがつかめてなかったんだなあ」と思ったことも明らかにされています。

 ニンテンドードリーム 2012年10月号(Amazon)

コメント

  1. イナクロ より:

    霧野が嫉妬かあw

  2. 幻実 より:

    蘭丸ちゃんもやっぱり拓人のことが大s…愛してるんだな~(*´ω`*)
    ジャンヌさんマジ美人!!

  3. 刹那ブースト より:

    霧野が神童に嫉妬ねぇ……\( ̄∇ ̄)/
    霧野って、神童みたいな性格だと思ってたのに、
    以外に元気(?)な性格だったんだねーww