任天堂の岩田社長は営業利益1000億円を達成出来なければ辞任するのか、しないのか、正解は・・・

任天堂の岩田社長は営業利益1000億円を達成出来なければ辞任するのか、しないのか、正解は・・・

 任天堂の岩田社長が、営業利益1000億円を達成出来なければ辞任するということを示唆したということについてコメントしています。

 すごく長いのですが、岩田社長のコメントを載せてみると・・・

 
 確かに、「コミットメント」という言葉を使ったことで、「辞任を示唆」という記事が出たというのはおっしゃるとおりですが、一方で私は質問に対して、あるいは誰かから何かを聞かれたことについて、自分の進退について何か語ったことはございません。
 また、今おっしゃっていただいたように、一つのプラットフォームというのは、少なくとも5年単位のサイクルが一つのビジネスサイクルですから、それを本来は単年度の成績でどうこうするべきではないとも思います。
 一方で、足下では、「任天堂は事業の構造が今までとは変わってしまって、環境変化に適応できていないから未来は暗いんじゃないか」というご意見も耳にしておりましたし、「任天堂自身が、任天堂らしい業績に早く回復できるということをはっきり明言しなければ、それは投資される方に『今後何を基準に考えていけばいいのか』ということについて、しっかりとメッセージを発することができない」と考えました。
 それまで、残念ながら為替の推移が非常に任天堂の事業構造にとっては厳しい、超円高の時代がしばらく続いておりましたし、また、プラットフォームの乗り換えという経済的には一番厳しくなる状況が重なりました。
 今まで売れていたプラットフォーム向けのソフトはあまり自社で作っておらず、新しいプラットフォームを立ち上げるための(自社)ソフトは、最初の年度にはそんなに売れないという状況です。2年目、3年目と数を積み重ねて、最終的には大きなビジネスになりますが、単年度の業績にはそれは表れてこないわけです。
 それから、(新しいプラットフォームは)最初のうちはハードウェアの採算というのは悪いのですが、その上に異常な円高ですから、今度はそのコスト構造の影響もあって、任天堂は連結業績を発表するようになってから初めて営業赤字になったわけですし、それが2年も続いてしまいました。営業赤字が2年続いていることに関しては、例えば取締役の報酬を減額したり、役員賞与をいただかないという形で、私たちはけじめをつけているつもりですが、それであっても、ではこれからどうなるのかと、お考えの方もいらっしゃると思います。
 幸い、(昨年末から)少し為替の流れも変わってきましたので、多くの方が「任天堂らしい利益水準とは、4桁億円の営業利益をコンスタントに出せることである」ということを、歴史上の推移から考えていらっしゃいますから、そのことを併せて考えますと、1000億円をコミットメントとして、「われわれがその目標達成に向けて強い意思を持っています」ということをお伝えしたいということで(この言葉を)使いました。
 現在私は、この業績目標をどのように達成するかを考えることにエネルギーを使っていまして、「万が一達成できない場合にどうしようか、そのシナリオはどうするんだ」といったことにそもそもそれほどエネルギーを使っておりません。
 また、そのことをあれこれ具体的に語る段階でもないと思っています。その意味では、「われわれはこの目標の達成に向けて最善の努力をし、必ず達成したいという意思を持っています」ということがコミットメントの意味だとお考えください。
 具体的に達成できない場合はどうこうという報道に関しては、私の発言からではなくて、他の方がその言葉を聞いてどう思われたか、ということが報道されているのだと理解しております。応援のメッセージと受け止めさせていただきます。ありがとうございます。

 
・・・というものになっています。

 これをどう読むかで、また「岩田社長が言った」という内容が変わってくるのですが、一部の記事では、このコメントを元に「辞めると言っていない」と伝えられています。

 ただ、これはこれで正しくないと思われ、任天堂の岩田社長が、営業利益1000億円を達成出来なければ辞任するのか、しないのかの正解は、「辞めるとも辞めないとも言っていない」というものだと思われます。

 よって、目標が達成できなければ、責任を取って辞任する可能性もあり、また辞任しない可能性もあり、そもそもそれは今言うようなことではないので言わないというのが正確な読み取りかもしれません。

 情報元

コメント

  1. ハンター より:

    そもそも言ってないのに勝手に騒がれ二枚舌だーとか言う人いるけど本当に酷い
    達成できなければ3DSの値下げの時にした給料を下げるような責任くらいはするでしょ

  2. 匿名 より:

    最低でもwiiuの5~6年は責任がるから辞めるわけにはいかんだろうし
    この手の新聞は人の責任ばっかり追及して自分らのミスは新聞の隅に小さくお詫びだけだから

  3. 匿名 より:

    こういうときにこの業界のネタとして扱われるのがもはや任天堂ばかりだというところに
    今のゲーム業界は任天堂が主役プレイヤーなのだということが見て取れるな

    販売台数や売り上げ推移を公然と捏造する企業に比べれば何と古き良き日本企業なのだろうかという感じだね
    それでいて減給とかも自分が真っ先にするしアホがバブルに踊らされてるときも大して給料上げなかったし
    ちゃんとキャッシュでため込んでるのだから本当に賢いし、そりゃ社員がついていくわ

    ○○○○や○○とかあの有様で社長の給料5億、10億だもんな、そりゃ腕利きの技術者うんざりして辞めていくわ

  4. 匿名 より:

    これからは中国だ、中国に進出しない会社は駄目だ、とか散々煽ってた新聞もあるしな

  5. 匿名 より:

    責任の取り方はそれぞれ。辞めるべきかどうかは、利益を共有する株主や社員が考えれば良いのであり、最終的に岩田社長が判断することです。
    外野のマスコミがとやかく言う筋合いはありません。
    そもそも、まだ目標に対する結果が出ていません。
    目標に向かって頑張っている最中に、「できなかったらどうするの?責任とって。」と言うこと自体おこがましい。一体何様なのかと憤ります。

  6. 匿名 より:

    一言も達成出来なかったら止めるなんて言ってないのに報道お得意のガセ情報のせいでこんな事になって可哀想ですね
    だから報道は嫌いなんですよ。

  7. SORA より:

    というか任天堂の社長が岩田さんじゃなくなったら、任天堂じゃなくなる気する(悲)

    ダイレクトも岩田社長だからできたことだろうし…

  8. 匿名 より:

    この人頑張ってると思うんだけどな

  9. 世界樹 より:

    いま辞めたりなんかしたらそれこそ責任から逃れてるってことになるし、辞めろとかいうやつはオカト違い

  10. 匿名 より:

    上に同意。岩田さん以外の社長がダイレクトをするなんて考えられない。

  11. 匿名 より:

    ダイレクトで岩田さんを見れなくなるなら嫌だな

  12. 匿名 より:

    岩田社長が辞めたら、そのスタイルを後継、昇華できる人材がいない限り、
    任天堂は衰退の一途を辿ると思う。

  13. 匿名 より:

    別に社長を辞めたとしても技術部門として確実に残るわけだからダイレクトは出られるだろう
    たぶん社長本人もプログラマーの方をやりたいんだろうし

    そもそも任天堂の社長は単体で会社運営の決定権はなく取締役会の議長をするだけだから
    極端な話社長がスマホでゲーム出したいといっても反対多数なら出せないし、メディアに向かってそれを
    社長である自らが決定したかのように発表しないといけないという完全なババ的職業でしかない

    おそらく任天堂の経営戦略を云々言ってるアナリストや凡人はそういう世界が理解できていないのだろう
    何故オープンソース至上主義会社でさえ自分たちの固定プラットフォームを抱えるという方向になってるのかさえも

  14. 匿名 より:

    岩田社長の代わりになる人材はいない!
    宮本さんも言ってたけどこの人以外ありえないっしょ