「The Last of Us」の全世界累計販売本数が340万本を突破、2013年に最も売れているPS3ソフトに

「The Last of Us」の全世界累計販売本数が340万本を突破、2013年に最も売れているPS3ソフトに

 PS3ソフト「The Last of Us」のセールスについて、SCEがプレスリリースを出しています。

 これによると、「The Last of Us」は、2013年6月14日の世界同時発売から約3週間経過した2013年7月3日時点で、全世界累計の販売本数が340万本を突破したそうです。

 そしてこれは、2013年7月3日時点で、2013年に最も売れているPS3ソフトになっているとのことです。

 SCEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏は、

 『The Last of Us』が真の大作であることは、その販売本数が物語っています。ノーティドッグの開発チームは想像力に満ち溢れ、彼らのストーリー展開の巧みさは他の追随を許しませんが、本作はその最たる例でしょう。SCEは、『The Last of Us』のように、業界の概念を覆す「プレイステーション」ならではのゲーム体験を今後もお届けしてまいります。

・・・ということをコメントしています。

 ちなみに、販売本数は、Blu-ray Disc版販売本数(SCEから販売店などに引き渡された数量)及びダウンロード販売数の総数となっています。

 「The Last of Us」は、20年前の謎の寄生菌の感染により人口が激減したアメリカを舞台に、リアルで過酷なサバイバルを体験するゲームで、非情に生きる男ジョエルと感染後に生まれた14歳の少女エリーが様々な人物と出会い、絆を深める重厚な物語が描かれ、生きること、誰かを大事にすること、愛、そして贖罪というテーマに触れる二人の旅が、プレイヤーの感情を強く揺さぶる作品になっています。

 レビューや評価も全世界で高いので、ちょっとグロいのですが、そのあたりが気にならなければ一度プレイしてみても損はないかもしれません。

 なお、今作のストーリーは完結しており、この話の続編はないことも以前に開発者によって明らかにされています。

 情報元

 The Last of Us (ラスト・オブ・アス) (Amazon)

スポンサーリンク

シェアする