マリナーズの選手たち、山内溥氏を悼み、黙とう

マリナーズの選手たち、山内溥氏を悼み、黙とう

 先日亡くなられた任天堂の前社長 山内溥氏は、アメリカの球団「シアトルマリナーズ」のオーナーでもありましたが、そのマリナーズでの追悼の様子が紹介されています。

 マリナーズの本拠地では、試合の開始前に、大型スクリーンに山内溥氏の姿が映し出され、選手たちが山内溥氏を悼み、黙とうしたそうです。

 ちなみに、山内溥氏のマリナーズの買収については、当初は、アメリカの文化「ベースボール」が日本人に買われたということでよく思わない意見もあったようですが、現在は、不振の球団を救い、シアトルの地に「ベースボール」を残してくれた偉人という評価がほとんどのようです。

 なお、マリナーズでは、現在、山内溥氏を悼み、ユニフォームに「HY」のイニシャルをつけてプレイしていることも明らかになっています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    いい人たちばっかりだなぁ…
    山内社長がオーナーをされてたなんて知らなかった

  2. 匿名 より:

    国内のマスコミまで悪徳企業が買収したみたいな勢いで
    この手の話題あおってたからね
    アメリカ人以上になぜか日本人が目立つことを嫌がるやからが国内多い

    トヨタもそうだけど現地の人間の雇用促進をある意味に本国以上に
    積極的にやって社会貢献してたりするからなぁ
    まぁもっと国内にもその努力しろとはおもうけど

  3. 匿名 より:

    山内氏は金は出すけど口は出さない(例外がイチローの雇用)だったからなぁ
    日本人が金にあかせて好き勝手すると思ったら、球団はすべて監督の采配に任せるという部分が(本国のアメリカ人に)意外に思われ、かつ評価されてた