任天堂、WiiU「マリオ vs ドンキーコング」のデモをGDCで公開。HTML5などだけで簡単に開発が出来ることをアピール

任天堂、WiiU「マリオ vs ドンキーコング」のデモをGDCで公開。HTML5などだけで簡単に開発が出来ることをアピール

 任天堂が、WiiU「マリオ vs ドンキーコング」のデモをGDC 2014のイベントで公開しています。

任天堂が、WiiU「マリオ vs ドンキーコング」のデモをGDC 2014のイベントで公開しています

 GDCは、ゲーム開発者向けのイベントで、任天堂は「Nintendo Web Framework」という、開発ツールのアピールを行っています。

GDCは、ゲーム開発者向けのイベントで、任天堂は「Nintendo Web Framework」という、開発ツールのアピールを行っています

 「Nintendo Web Framework」は、HTML5、Java Script、CSS、HTTPといったWeb向けの技術だけでゲームが作れる開発ツールで、

 GDC 2014で、任天堂は上の動画のような、WiiU「マリオ vs ドンキーコング」のデモを公開し、HTML5などだけで簡単に開発が出来ることをアピールしています。

GDC 2014で、任天堂は上の動画のような、WiiU「マリオ vs ドンキーコング」のデモを公開し、HTML5などだけで簡単に開発が出来ることをアピール

 なお、このWiiU「マリオ vs ドンキーコング」は、このまま普通に商品化できるぐらいの完成度はあるようですが、あくまでもデモで、販売される予定は今のところないそうです。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    Unityもぜひ実装してほしい