「メタルギアソリッド」が映画化、ソニー・ピクチャーズが配給

「メタルギアソリッド」が映画化、ソニー・ピクチャーズが配給

 「メタルギアソリッド」が、ハリウッドで実写映画化されることが、「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」で発表されました。

 この映画のプロデューサーは、「スパイダーマン」、「X-MEN」などの映画を製作しているアヴィ・アラッド(Avi Arad)氏と、アリ・アラッド(Ari Arad)氏です。
 ちなみに、アヴィ・アラッド(Avi Arad)氏は、映画スタジオ「マーベル・スタジオ」の創設者で、コミック作品などのエンタテインメント分野の実写映画化に多くの実績を持っている人物です。

 制作は、コロンビア映画と制作会社アラッド・プロダクションズが行い、配給、製作は米ソニー・ピクチャーズが行います。

 ただ、現在のところ映画の監督や、スネーク役などは未定になっているようです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    この場合、日本人がやるより外人さんが演じて吹き替えを明夫さんがやるってのもいいかもね。

  2. タコユキ より:

    日本人が演じるっていうか、
    スネークはアメリカ人だよね?

    オリジナルのストーリー作るのかな?

  3. 匿名 より:

    3流なデキになってくれなければいいなぁ

  4. 匿名 より:

    ゲームの話を映画化するのか、オリジナルストーリーを作るのか、今後のストーリーに繋がるものを作るのか・・・

    小島さんは元々映画作りたかったんだし、すっごいウキウキしてんだろうなあ

  5. 匿名 より:

    バイオの実写版映画はストーリーもキャラもゲームと違いすぎて面白くないから、あんな風にはなって欲しくないな