マインクラフト、全世界で1億本セールスを突破。PC版が意外と少なく、南極で購入したレアな人も

マインクラフト、全世界で1億本セールスを突破。PC版が意外と少なく、南極で購入したレアな人も

 マインクラフトが、全世界で1億本セールスを突破したことが発表されました。

 マインクラフトは様々な地域、様々なプラットフォームで販売されていますが、その大まかな内訳も公開されています。

マインクラフトが、全世界で1億本セールスを突破したことが発表されました

 これによれば、PC版、家庭用ゲーム機版、スマホ版の大きく3種類に分けた場合、各地域では上の画像のような販売比率となっています。

 データ的には、ヨーロッパでは3プラットフォームが拮抗、アジアではスマホ版が多くなっています。

 また、マインクラフトと言えば、PC版のイメージも強いですが、今回の内訳をみると、アメリカで一番売れていない機種になっているなど、意外とPC版のセールスは低いことも分かります。

 ちなみに、マインクラフトは、複数の機種で購入する人も多いので、購入者数で考える場合はもっと少ないと思われます。

マインクラフトについては、基本的に定住者がいない、南極からの購入が4本あったことも明らかにされています

 なお、マインクラフトについては、基本的に定住者がいない、南極からの購入が4本あったことも明らかにされています。

 観測隊の人なのかどうかは不明ですが、1億分の4というかなりレアな購入者もいるようです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする