ミニスーパーファミコン、購入できる店が実質ないのは海外も同じに

ミニスーパーファミコン、購入できる店が実質ないのは海外も同じに

 ミニスーパーファミコンが、海外で一足先に発売されています。

 日本では2017年10月5日に発売予定ですが、アメリカ、ヨーロッパでは2017年9月29日に発売されています。

 

ミニスーパーファミコンが、海外で一足先に発売されています

ミニスーファミ、購入できる店が実質ない

 ミニスーパーファミコンは、正式名称「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」と呼ばれるゲーム機です。

 このゲーム機は、本体に内蔵された21のスーパーファミコンソフトが遊べる、おもちゃ的なものになっています。

 2016年に発売された、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が大人気となり、今回はそれに続く第2弾です。

 今回の第2弾も、人気は引き続き高く、日本では少し前に予約が開始されたものの、本当にあっという間に売り切れる状態になっています。

ミニスーファミ、購入できる店が実質ない

 この人気は、海外でも同じであり、海外版である「Nintendo Classic Mini: Super Nintendo Entertainment System」は、アメリカやヨーロッパなどでも予約がすぐに締め切られ、購入しにくい状態が続いています。

 ネット通販の他、アメリカやヨーロッパのリアル店舗でも購入しにくく、日本と同じく、普通に予約や購入できる店が実質ない状態になっています。

 ちなみに、ミニスーパーファミコンについては、アメリカ任天堂が、ファミコン版よりも大幅に生産量を増やしているというようなことを以前にコメントしていました。

 このため、以前よりも入手しやすくなっているかとも思われたのですが、結局、その効果はなく、欲しい人が買えない状態で海外では発売日を迎えています。

 ちなみに、海外でも日本と同じく、個人が行っている転売のようなものは活発です。

 これについて、任天堂のレジー社長は、そのようなところから買わなくても買えるようになる的なことも、以前にコメントしていましたが、まだまだ買えていない人はたくさんいるとみられているので、2017年内に普通に入手するのは困難ではないかと言われています。

ミニスーパーファミコンについては、アメリカ任天堂が、ファミコン版よりも大幅に生産量を増やしているというようなことを以前にコメント

 なお、ミニスーパーファミコンは、一時、2017年内だけの生産という案内も出ていました。

 しかし、後にそれは撤回され、現在は、2018年も継続して生産されることが決まっています。

 よって、しばらく待っていれば、いずれ普通に入手できると思われます。

 ただ、ニンテンドースイッチですら、発売から半年以上経過しても品薄が続いているので、本当に待っていればいつか普通に購入できる日が来るのかはよく分かりません。

予約、購入 :
 ミニスーパーファミコン Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    商品が正しい形で売れず、企業や販売側も規制が出来ない、となるともう法律でどうこうしかないよね
    んでそうなると企業も販売も消費者も手間が増えるだろうし
    それで仮にそうなった時に損をするのは転売屋じゃないっていうね
    本っっっ当、転売屋全員…

  2. 匿名 より:

    海外でも転売はあるのか・・・
    法でなんとか・・・できないからこうなってるんだよな

  3. 匿名 より:

    転売を減らす良い方法あるよ。道の駅の野菜みたいに店主の顔写真を義務化する。そもそも身元が分からない架空ショップ出展させてるネットショップを禁ずる法案作るべき。

  4. 匿名 より:

    もうこれ公正取引委員会の管轄だろう
    意見提出するしかないよ
    ゲーム以外も酷いからな