モンスターハンター5、2018年3月までに発売されるかどうかは微妙か

モンスターハンター5、2018年3月までに発売されるかどうかは微妙か

 カプコンが、2018年3月期の事業戦略と計画を、2017年4月に発表しています。

 ここで、ゲームソフトの今後のリリース予定がいくつか案内されています。

 

モンスターハンター5、2018年3月までに発売されるかどうかは…

モンスターハンター5、2018年3月までに発売されるかどうかは…

 カプコンの2018年3月期のゲーム関連の計画については、まず、大型タイトル2作の投入が明らかにされています。

 ただ、この2本の「大型タイトル」が具体的にどのようなものなのかは明らかにされていません。

カプコンで2018年3月までに新作が出そうな「大型タイトル」といえば限られ、その中の1つには「モンスターハンター5」などの「モンハン新作」

 しかし、カプコンで2018年3月までに新作が出そうな「大型タイトル」といえば限られ、その中の1つには「モンスターハンター5」などの「モンハン新作」があるのではないかと予想されています。

 カプコンの事業戦略では、以前は、モンハン新作の販売計画が発表されることもありましたが、今回は発表されておらず、「マーベル VS . カプコン: インフィニット」と「バイオハザード7」のリピート販売のみが明らかにされています。

 この販売計画などにより、カプコンは、2018年3月までに、パッケージソフトを全世界で1050万本売る計画にしています。

 全世界で1050万本という販売計画は、マブカプとバイオで既に400万本なので、残りの全ソフトで650万本ということになり、ここに大型タイトル2本の販売本数も含まれているということになります。

 そうなると、「モンハン5」の発売などを含めて約650万本ということで、販売計画の本数が合いそうな気もしますが、カプコンの今回のゲームソフト販売計画は、日本だけだと275万本です。

現時点の計画を見る限りでは、どちらかと言えば2018年3月までには出ないと考えた方が自然で、あるとすれば、「モンスターハンターXX HD」

 大型タイトル2本は、どちらも日本でも発売されるはずなので、単純に275万本を2で割っても、1本あたり140万本ほどです。

 前述のマブカプとバイオの分、そして、「大逆転裁判2」などの何十万本も売れるその他の新作もあることから、「モンハン5」が出ると考えると、計算はおかしくなります。

 つまり、モンハン4や4Gなどは、発売から1週間も経たずに200万本セールスを達成していたので、「モンハン5」が出るならば、日本での「全ソフトで275万本セールス」というゲームソフト販売計画は少なすぎるということです。

 よって、「モンハン5」は、多くの人が予想している通り、2018年3月までに出そうではあるものの、販売計画から考えれば、発売されるかどうかは微妙な感じになっています。

 後に販売計画が見直される可能性もありますが、現時点の計画を見る限りでは、どちらかと言えば2018年3月までには出ないと考えた方が自然で、あるとすれば、「モンスターハンターXX HD」などかもしれません。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    switch版のダブルクロス来ないかなぁ
    セーブデータ引継ぎができたらええな

  2. 匿名 より:

    発売されるんなら何時でもいいよ

  3. 匿名 より:

    switch版が出るとしても
    現状のハードの普及台数からすると
    100万本もすぐには売れないのでは?

  4. 匿名 より:

    かかりすぎてもアレだから何時でもとは言えない。
    switchで出たら売れたらいいけど難しいかもね。

  5. 匿名 より:

    MHナンバリング新作は発表された年度に発売されたことは無いでしょ
    今年発表だけあるかもしれんが

  6. 匿名 より:

    スイッチの普及台数を考慮したもの

  7. 匿名 より:

    switchで出るのは確実だと思うが
    2018年3月以降なのかも