モンスターハンター ワールド、エンブレムにヒミツが隠されている

モンスターハンター ワールド、エンブレムにヒミツが隠されている

 PS4「モンスターハンター ワールド」について、ファミ通の副編集長である大塚氏が、2017年10月26日号にコラムを掲載しています。

 これによると、今作は、エンブレムにヒミツが隠されているそうです。

 

PS4「モンスターハンター ワールド」について、ファミ通の副編集長である大塚氏が、2017年10月26日号にコラム

モンハンワールド、エンブレムのヒミツ

 「モンスターハンター ワールド」については、上の画像のようなエンブレムが、プロモーション映像などに登場します。

 モンハンのエンブレムは、これまでのシリーズでも、それぞれの作品ごとに描かれていますが、今作のこのデザインについて、ファミ通の副編集長がカプコンの藤岡氏にインタビューしています。

 これによると、今作のエンブレムは、竜の頭部が5つ描かれた部分がポイントになっているとのことです。

 この「5つの頭部」ということには意味があり、頭が5つの作品、つまり、今作はモンハン5であることを示すマークになっているそうです。

モンハンワールド、エンブレムのヒミツ

 カプコンのモンハンシリーズについては、「モンスターハンター4」まで発売されており、現時点では「モンスターハンター5」という作品は存在しません。

 これは後に他機種などで発売予定があるからではないかとも言われていますが、カプコンの藤岡氏は、その名前は付けていないけれど、ワールド=MH5のつもりで作っているとコメントしています。

 よって、エンブレムでシリーズ本編の数字を表すというネタを仕込んだり、主要開発者の藤岡氏がそのつもりだと言っているということは、今のところMH5というタイトルの作品は作られていないと思っていいのかもしれません。

この「5つの頭部」ということには意味があり、頭が5つの作品、つまり、今作はモンハン5であることを示すマークになっているそうです

 ちなみに、ファミ通の副編集長は、プレイステーションハードで発売されるモンハン新作をかなり待ち望んでいたようで、以前から自誌で、「モンスターハンター ワールド」の発売が決まったことに対して、かなりテンション高めに伝えており、今回も「あ、キタ・・・!」、「これ(MHWはMH5である)が聞きたかった」とコメントしています。

 なお、今作は、海外で売ることを重視しているとも言われています。

 このため、MH5にすると、1~4にあまり馴染みのない海外の人に敬遠されるのではないかという考えもあって、「5」ではなく、より新規タイトルに感じられやすい「ワールド」にしたのではないかという予想もあります。

 また、「ワールド」の単語自体に、ワールドワイドでの販売の意味があるのではないかというようなことも推測できるかもしれません。

予約、購入 :
 iconモンスターハンター ワールド イーカプコン Amazon 楽天 セブンネット
 ダウンロード版 モンスターハンター ワールド PSストア

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    モンハン本編はワールドと名を変えてPS独占に
    ポータブルはクロスと名を変えてスイッチ独占に

    たぶんこうだろう…

  2. 匿名 より:

    これからはソニー系でモンハン展開するんでしょうね。

  3. 匿名 より:

    この人SIEに偏向し過ぎてて、自称ゲーム総合誌の副編集長としてどうなのかなーと思います
    これからのモンハンの展開は次作が発表されないと分からないですね
    それまでは各ハードファンの願望の押し付け合いになりそう

  4. 匿名 より:

    いまだにモンハン頼みとか・・CSはいつまで停滞するんだろう。

  5. 匿名 より:

    モンハンWはすごい楽しみだけどこの副編集長のコメントはなんか気持ち悪い

  6. 匿名 より:

    海外で売るなら海外だけ名前を変えればいいだけなのに、MH5の「つもり」で作っただと?PSユーザーにお帰りと言わせMH5に見せかけて売ろうとするお主の魂胆!この遠山金四郎が全部お見通しよ!

  7. 匿名 より:

    モンハン4は海外でキッズ向けとして100万本超えたが
    ワールドは何本売れるだろうか