ニンテンドー3DSソフトのパッケージ版とダウンロード版の売上比率は、ニューマリオ2が19:1、鬼トレが4:1ぐらい

ニンテンドー3DSソフトのパッケージ版とダウンロード版の売上比率は、ニューマリオ2が19:1、鬼トレが4:1ぐらい

 ニンテンドー3DSソフトのパッケージ版とダウンロード版の売上比率が明らかになっています。

 これは、岩田社長のインタビュー記事で明らかにされているもので、これによると、「Newスーパーマリオブラザーズ2」のネット経由の売上高は総売上高の5%を占めているとのことです。

 また、3DSの「鬼トレ」は、ネット経由での売上高が総売上高の約5分の1を占めているそうです。

 よって、3DSソフトのパッケージ版とダウンロード版の売上比率は、ニューマリオ2が19:1、鬼トレが4:1ぐらいになっているようです。

 ちなみに、「ネット経由での」という部分で、店頭で販売されている「ダウンロードコードのカード」が除外されている可能性もあり、また、「売上高」という部分により、「販売本数」ではない可能性があるので、3DSソフトのパッケージ版とダウンロード版の正確な販売本数の比率というようなものは、このデータでは分からないかもしれません。

 なお、これを、単純に販売本数での比率と考えると、メディアクリエイト調べで、ニューマリオ2は現時点で累計約76万4千本の販売本数、鬼トレが累計約9万5千本の販売本数なので、ダウンロード版は、それぞれ、約3万8千本、約1万9千本売れているということになります。

 情報元

コメント

  1. まだお より:

    これを見る限り、PSVitaのネット販売戦略はうまく走らないまま終わる

  2. 3DS より:

    総売上高の5%、20%なので
    Newマリ2が19:1、鬼トレが4:1の間違いでは

  3. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。修正しました!

  4. BL より:

    思ったよりDL版購入されてるんだね
    キャンペーン目当ての人が多いの?

  5. nn より:

    『鬼トレ』はDL版を買いました。
    DL版はソフトの差し替えをしなくていいから
    今後も積極的に利用したい

  6.   より:

    それもあるかも知れませんが、脳トレなどはあからさまにDLがメインになっても
    おかしくないソフトですからねぇ
    逆にRPGのように、一定期間、一気に熱中して遊んでパッと冷めるというタイプは
    中古で売れるパッケージの方が好まれるでしょうし。

  7. オキシライド より:

    ダウンロード版全然売れてないじゃないですか(笑)
    パッケージとダウンロードで1:1で売らないとね(笑)
    お店で買うにしてもダウンロード版の方が高くては駄目ですね。
    ダウンロード版はパッケージ版よりコストが下がるんだし値段少しは下げろよな…

  8. 匿名 より:

    1:1なんて非現実にも過ぎるだろw

  9. 匿名 より:

    クラニンポイント2倍って微妙だよなぁ
    3倍にしてくれ