任天堂、営業・経常利益の赤字を脱出。純利益は1.3倍、通期予想は2倍と好調

任天堂、営業・経常利益の赤字を脱出。純利益は1.3倍、通期予想は2倍と好調

 任天堂が、平成30年3月期第2四半期決算を発表しています。

 今回の決算は、営業・経常利益の赤字を脱出し、好調となっています。

 

任天堂、純利益は1.3倍、通期予想は2倍と好調

任天堂、純利益は1.3倍、通期予想は2倍と好調

 任天堂の平成30年3月期第2四半期決算は、営業利益が約400億円、経常利益が約700億円となっています。

 前年同期はどちらも赤字だったので、今回、赤字を脱出する良い成績を出しています。

 また、純利益は約520億円であり、これは前年同期の約1.3倍となっており、こちらも好調です。

 ちなみに、前年同期は、「たまたまタイミングが重なっただけ」というような任天堂のコメントもありましたが、シアトルマリナーズの持ち分の売却を行っています。

 これにより、627億円の特別利益が発生し、営業・経常利益は赤字だったものの、純利益は黒字になっていました。

 今回は、そういった大きな「持ち物の売却」は基本的にないので、約1.3倍と純利益の増加率は大きくないですが、その意味は実際の数字よりも大きいものです。

 また、任天堂は、平成30年3月期の通期決算の予想の修正も行っています。

 これによると、通期の予想は、営業利益1200億円、経常利益1250億円、純利益850億円と、どれも当初の予想の約2倍の数字を出して来ています。

 これらは予想なので、達成するかどうかは今後のセールス次第ですが、ニンテンドースイッチのロンチは成功し、現在も売れ続けているので、これぐらいは十分達成できるだろうとして、こういった数字が出される結果になっています。

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. LASTBOSS より:

    おめでとうございます!

  2. 匿名 より:

    スプラトゥーン2が156万本の売上と資料にあるけどメディクリで現在125万本だから30万近くDL版売った計算になるのか

  3. 匿名 より:

    スイッチがんばれ、応援してるヨ

  4. 匿名 より:

    ここ数年はゼルダやマリオデ、switchの開発に莫大なコストがかかり、switch発売後のソフトを充実させるためにソフトを貯め込み売り上げを減らさざるを得なかったからなぁ
    今期からようやくの収穫期だよ
    来期はオンライン課金で安定収入確保できるといいね

  5. 匿名 より:

    去年は特に何もなかったから去年と比べちゃうと余計に増えたように見えるって所はあるから来年も続けるように頑張って欲しいな

  6. 匿名 より:

    結構保守的な経営予測だったんだね。スイッチが爆発的に売れてケイツネは前期と変わりませんじゃなくて良かった。健全健全。

  7. 匿名 より:

    本来新ハードは発売してから数年後に軌道に乗って黒字化するかどうかという商売だしな。
    それでもSwitchの予測はだいぶ強気だったけど…それでも上回ってくるんだからすげぇわ

  8. 匿名 より:

    売上1兆円ベースか…WiiDSバブル以来だね
    このままスイッチが浸透してソフトが出回ればまたアホみたいな利益を叩き出しそうだな