ニンテンドー3DSが「7.2.0-17J」にアップデート。保護者による使用制限の機能追加など

ニンテンドー3DSが「7.2.0-17J」にアップデート。保護者による使用制限の機能追加など

 ニンテンドー3DSが「7.2.0-17J」にアップデートしています。

 今回の更新では、次の変更点が導入されています。

・ 「保護者による使用制限」の機能追加
 保護者の方のメールアドレスをあらかじめ登録しておくことで、暗証番号をお忘れの場合に、解除方法をメールで受け取ることができるようになりました。
・ システムの安定性や利便性の向上
 より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上いたしました。

 よって、今回は、保護者による使用制限の機能追加ぐらいで、特に大きな機能変更はないということになっています。

 なお、3DSの本体機能の更新は、ニンテンドー3DSやLLの本体をインターネットに接続して、「本体設定」→「その他の設定」→「本体の更新」で行えます。
 また、イーショップに接続するなどでも自動的に案内が出ます。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    子供の保護の問題は難しいね
    携帯と違って契約時に予めブロックしておく事が出来ない
    親は子供のゲーム機の説明書なんて読まないから使用制限を掛けられる事も知らない

  2. 匿名 より:

    親からしてもわざわざ制限掛けるのをめんどくさがる

  3. 匿名 より:

    それは置いとくにしろ、制限出来る様にするのは大事な事だな。