ニンテンドー3DS、ニンテンドーゾーンの終了がヨーロッパで発表される

ニンテンドー3DS、ニンテンドーゾーンの終了がヨーロッパで発表される

 ニンテンドー3DSの「ニンテンドーゾーン」の終了が、少し前に海外で発表されています。

 今回は、ヨーロッパでの終了が明らかになっています。

 

3DS、ニンテンドーゾーンが欧州で終了

3DS、ニンテンドーゾーンが欧州で終了

 ニンテンドー3DSでは、「ニンテンドーゾーン」というサービスが用意されています。

 このサービスは、3DSの本体メニューに、デフォルトでアイコンが存在するので、多くの人が知っているサービスだと思われますが、海外でも展開されているサービスです。

 今回、このうち、ヨーロッパでのサービス終了が明らかになっています。

 ニンテンドーゾーンは、ヨーロッパで、2018年3月28日(水)に終了します。

 ちなみに、2018年3月で終了するのは欧州だけであり、現時点では、日本でのサービス終了は発表されていません。

 

このサービスは、3DSの本体メニューに、デフォルトでアイコンが存在するので、多くの人が知っているサービスだと思われますが、海外でも展開

すれちがい通信中継所も終わる

 ニンテンドー3DSの本体サービスについては、少し前に、日本で、「すれちがい通信中継所」のサービス終了が発表されています。

 「すれちがい通信中継所」は、ニンテンドー3DSの「すれちがい通信」を促進するための通信リレーサービスであり、基本的に、ニンテンドーゾーンの設置ポイントにも併設されています。

 このため、ヨーロッパでは、ニンテンドーゾーン自体が終了するので、多くの「すれちがい通信中継所」も同時になくなるということになっています。

 ニンテンドーゾーンは、日本では、ポケモンやどうぶつの森のコンテンツ配信などを、まだ行っていたりするので、使用者は多いと思われます。

 ただ、今回、海外で撤去されてしまうということは、任天堂は、今後、このサービスを改善したり、拡大していったりするようなプランを持っていないのかもしれません。

ニンテンドーゾーンは、ヨーロッパで、2018年3月28日(水)に終了します

 なお、ニンテンドーゾーン自体は、あまり知られていないかもしれませんが、ニンテンドースイッチでも利用可能です。

 ただ、ニンテンドースイッチでニンテンドーゾーンを利用しても、3DSのように、ポケモンやどうぶつの森などのコンテンツ受け取りは行えず、無料Wi-Fi的に使えるだけです。

 今回、ヨーロッパでニンテンドーゾーンが撤去されてしまうということは、今後、ニンテンドースイッチ向けのニンテンドーゾーンが、3DSのような、コンテンツ配信が出来る形にアップグレードされるということもあまり期待出来なくなったのかもしれません。

 超回転 寿司ストライカー Amazon 楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    3月28日って…かなり急だな
    E3で何らしかの物理的なハード(周辺機器)の展示があるのだろうか?

  2. 匿名 より:

    ニンテンドーゾーンってSwitchでも使えたんだ!