任天堂、Youtube動画の広告収益の一部を受け取れる「Nintendo Creators Program」を開始

任天堂、Youtube動画の広告収益の一部を受け取れる「Nintendo Creators Program」を開始

 任天堂が、Youtube動画の広告収益の一部を受け取れる「Nintendo Creators Program」を開始しました。

 これは、2014年5月にツイッターで岩田社長がコメントしていたもので、ゲームプレイ実況などの、いわゆるYoutuber向けのプログラムです。

任天堂が、Youtube動画の広告収益の一部を受け取れる「Nintendo Creators Program」を開始しました

 任天堂は、任天堂のゲーム動画の投稿などは、一部の例外を除いてYoutubeへの投稿を認めていますが、投稿された動画に付く広告は、その収益が任天堂のものになるようになっていました。

 今回、「Nintendo Creators Program」に参加すると、その収益の一部が動画投稿者へ再配分されるようになります。

 参加には、Youtubeアカウント(Googleアカウント)と、PayPalビジネスアカウントが必要です。

 参加手順など、詳しい情報はこちらへ。
 ちなみに、利用可能なゲームはこちらに掲載されており、その他のゲームについては、おそらく今まで通りのルールで、任天堂にのみ収益が入るという形で一般的な投稿は許可されるということになると思われます。

 なお、去年、ニコニコ動画でも、同じようなものが発表されています。

スポンサーリンク

シェアする