任天堂の岩田社長のE3 2012のインタビュー、朝日新聞が捏造

任天堂の岩田社長のE3 2012のインタビュー、朝日新聞が捏造

 任天堂の岩田社長のE3 2012のインタビューを、朝日新聞が捏造していたことが明らかになっています。

 これは、週刊文春が報じているもので、2012年6月8日付(東京版)経済面の「ソーシャル時代、どう対応?」と題された記事に、任天堂の岩田社長のインタビュー記事が掲載されていたものの捏造だったそうです。

 捏造内容は、

 その当時、岩田社長は朝日の記者のインタビューを受けていません。取材ができないことに記者が焦ったのか、任天堂公式HP上で岩田社長が語ったコメントなどを勝手につなぎあわせ、インタビューに仕立て上げてしまったのです

・・・とのことで、実際には受けていないインタビューを受けたかのようにして記事にするというものです。

 週刊文春が任天堂に問い合わせたところ、

 (当時)岩田聡は日本のマスコミの記者様の取材はお受けしておりません

・・・という回答が得られ、捏造であると確定したそうです。

 そして、今回の報道を受けて朝日新聞は、「任天堂と読者の皆様におわびします」という記事を掲載し、

 朝日新聞社は2012年6月8日付経済面に、「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」の記事を掲載しました。
 この記事のうち、岩田聡任天堂社長の部分は、任天堂のホームページ上の動画の発言内容をまとめたものでした。
 本来ならインタビューを受けた他の3人とは体裁を変え、動画内の発言であったことを明記するべきでした。
 当時、任天堂に社長への取材を申し込みましたが、了解が得られなかったため、任天堂に動画の発言内容をまとめて記事にしたいと伝え、了解を得られたと思い込み、記事にしました。
 掲載後、任天堂から「インタビューは受けていない」と抗議を受けたことなどから、弊社は謝罪いたしました。

・・・というコメントを出し、インタビューの捏造を認め、謝罪しています。

 よって、原発の吉田調書の内容を自社の思想に沿った形で捻じ曲げたり、従軍慰安婦に強制性があったと30年以上も嘘のキャンペーンを展開したりして、最近、何かと話題の朝日新聞ですが、思わぬ形でゲーム業界も朝日新聞の捏造問題に関係して来ています。

 なお、朝日新聞が捏造した岩田社長のE3 2012のインタビュー記事自体は、動画のコメントをまとめたということで、他の嘘報道のように、全世界に日本人を貶めるようなものではなかったので、そういう意味では悪質度は他よりもかなり低かったようです。

 情報元

 

コメント

  1. 匿名 より:

    社長が勝手にマスコミに書かれるとか言ってたの証明されてよかったね
    朝日は一連の問題なければ認めなかったんだろうな

  2. 匿名 より:

    東スポ並みになってきたな。また記者の思い込みか。もう妄想新聞だろw多分これも例の事が無いとずっとだまってんだろな

  3. 匿名 より:

    まさかここで朝日だ吉田調書だ従軍慰安婦だのを見るとは
    政治関係でハッスルしてるのかと思ったらこんなところまで

  4. 匿名 より:

    こんな所まで嘘で固めて記事にするなら、もう報道機関である意味がないなぁ
    取材できないなら出来ないで「任天堂は取材をいただけなかったが、自社のHPでこのように取り組みを話している」と紹介すればいいだけなのに

  5. 匿名 より:

    いま調子に乗って朝日を批判してる産経とかも任天堂に関しては朝日と似た様な酷い記事書いてるんだよなあ。