任天堂のE3 2014、とても異色で「多彩なソフトがそろっている」とか「安心できる」といった評価を得た

任天堂のE3 2014、とても異色で「多彩なソフトがそろっている」とか「安心できる」といった評価を得た

 任天堂のE3 2014での評価について、宮本茂氏がコメントしています。

 これによると、

 今回、他社さんが出展されたものは、銃を撃って血が出るという結構殺ばつとした世界、本格的でかっこいい世界とも言えるのですが、そういった世界を舞台としたものが大半でした。
 多くのみなさんがそういうソフトを作って競争されるので、ほとんどのタイトルがそう見えてしまう中、任天堂はとても異色で、「多彩なソフトがそろっている」とか「安心できる」といったご評価をいただきました。
 そういう意味で、E3は他社とはっきりと差別化できた良いショーになったと思います。

・・・とのことで、他社と違い、とても異色で「多彩なソフトがそろっている」とか「安心できる」といった評価を得たことが明らかにされています。

 ちなみに、E3 2014では、全体的に、リアルな世界のFPSやTPSの出展が多かったので、そういうものの出展がほとんどない任天堂のソフトについては、「安心できる」という評価になるのだと思いますが、特に海外ゲーマーが好むソフトはこれらのジャンルのゲームなので、任天堂自身がそれを開発する必要はないのかもしれませんが、「銃を撃って血が出るという、結構殺ばつとした世界、本格的でかっこいい世界」のゲームのラインナップが任天堂ハードに足りないという部分は、ハードの普及にもかかわるので、他社をサポートするなどで、今後、十分に揃える必要はあるのかもしれません。

 なお、E3 2014の任天堂関連の情報については、

 当社がE3初日朝に放映した「Nintendo Digital Event」には、400万から500万のビューがあり、E3関連の映像の視聴回数の総数は何千万というビューに広がりました。
 ですから、E3の参加者だけを対象としたイベントではなくて、インターネットを通して世界中のかなりたくさんの方々に見ていただきました。

・・・とのことで、E3 2014関連動画のトータルの視聴が何千万もあったことが明らかにされています。

 情報元

 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    確かに今回は良い意味でも悪い意味でも
    任天堂らしく変わったものも多かったなぁ

  2. 匿名 より:

    イカゲーはF/TPS不足の任天堂にとってよい結果になりそう
    あとはサードの流血ゲーをもっと誘致できれば完璧なんだけど…
    GTAとかもないしなあ

  3. 匿名 より:

    任天堂のゲームはオンラインつけるだけでも、面白くなる

  4. 匿名 より:

    流血ゲーというとデビルズサードがまさにそんな感じがする。
    個人的には中世ファンタジー風のRPGが欲しい。
    と言ってもそれ以外もかなり期待できそうだったのは大きい。

  5. 匿名 より:

    Nintendo Digital Event見てて、「ああ、任天堂だな。」ってすごい思えたから、これは期待できますね。

  6.   より:

    まあ戦争ゲームなんて、他社とマルチやったところで、それをわざわざWiiUプラットフォームでやる必要あるのか?
    ともいえるし、独自コンテンツでの戦争FPSやっても今更?って感がある
    悪く言えば出遅れた、ではあるが同時に、もうそういうジャンルが飽和状態なので今更やってもねぇって所は強いわな

  7. 匿名 より:

    E3は海外の海外向けイベントなんだから当然なんだけど他社は、他所の国の話、な印象が強かったしな。
    日本人から見ても伝わる感じだった。

  8. 匿名 より:

    確かにスプラトゥーンはwiiU買ってでも
    やりたいと思わせるゲームではあったな
    でももう一押し欲しい
    ゼノブレとデビルズサードも早く発売日決めて欲しい