任天堂、国内外の営業を統合、テレビCMの担当部署を社長直轄に変更

任天堂、国内外の営業を統合、テレビCMの担当部署を社長直轄に変更

 任天堂の組織変更について、日経が記事にしています。

 これによると、まず、任天堂は、国内と海外に分かれている営業組織を近く統合する予定にしており、海外本部を解体して、日本を担当する営業本部に統合するそうです。

 そして、この営業組織の統合にあわせて、社長室を経営企画室に改組し、また、テレビCMの担当部署を社長直轄に変更するそうです。

 これらの変更の理由については、日本と海外の営業担当者が同じゲームソフトの情報を、別々に担当部署に照会するなどの業務の重複が目立っており、ゲームソフトが「日本先行」から「世界同時」に切り替わりつつある中で、効果的な営業戦略をとれるようにするためということが紹介されています。

 なお、任天堂が営業組織の抜本的な再編を行うのは2004年以来、9年ぶりになっています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    最近CMがよくなってきた気もするけど関係あるかな
    WiiUのCMは誰得すぎて失敗だったと思う

  2. 匿名 より:

    これは重要だわ
    ゼノブレイドの謎のAKBコスプレみたいな担当者の勘違いによる黒歴史は誰得以外になんでもないからなあ

  3. 匿名 より:

    ゼルダの昔のCM良かったのに‥‥最近は宗教法人みたいなCMばかりですぐチャンネル変えてたよ