ニンテンドーイーショップでのゲームの販売価格、メーカーが自由に設定可能

ニンテンドーイーショップでの販売価格、メーカーが自由に設定可能

 ニンテンドーイーショップでのゲームの販売価格について、「とびだす!にゃんこ大戦争」のポノスが、ファミ通でコメントしています。

 まず、先日、ニンテンドー3DSでリリースされたダウンロード専用ソフト「とびだす!にゃんこ大戦争」は、価格が税込みで777円と、かなり変わった価格設定になっています。

ニンテンドーイーショップでのゲームの販売価格について、「とびだす!にゃんこ大戦争」のポノスが、ファミ通でコメントしています

 ポノスによると、このような値段になっているのは、販売価格はどんな値段でも設定出来るということになっているため、縁起のいい777円にしたとのことです。

 よって、ニンテンドーイーショップでのゲームの販売価格は、メーカーが自由に設定可能になっているそうです。

ポノスによると、このような値段になっているのは、販売価格はどんな値段でも設定出来るということになっているため、縁起のいい777円にしたとのことです

 ということで、ニンテンドーイーショップのダウンロードソフトは、大体、500円とか800円とか、1200円とか似通ったものが多いですが、税金の計算で出る端数以外でも、自由に1円単位で設定出来るようで、パワプロを573円とか、パックマンを765円とかにすることも可能になっています。

 ちなみに、3DS「とびだす!にゃんこ大戦争」は、レアキャラなどを考えると、スマホでガチャって遊ぶよりも圧倒的に3DSの方が安く遊べますが、ポノスによると、今作は売り上げを重視している作品ではなく、低年齢層へのアプローチとしてリリースしているところが大きく、その他、スマホ版のファンの人へのサービス的な意味合いもあるとのことです。

 3DS「とびだす!にゃんこ大戦争」は、ニンテンドーイーショップで、追加課金一切なしで販売されています。

 

 

スポンサーリンク

シェアする