任天堂の「平成25年3月期 第1四半期決算」は引き続き赤字、3DSの逆ざやは解消されておらず、為替の差損も約211億円発生

任天堂の「平成25年3月期 第1四半期決算」は引き続き赤字、3DSの逆ざやは解消されておらず、為替の差損も約211億円発生

 任天堂の「平成25年3月期 第1四半期決算」が発表されました。

 これによると、営業損失は約103億円で、経常損失は約297億円、四半期純損失は約172億円という赤字決算になっています。

 任天堂の決算は、最近、赤字が続いていますが、今期の為替の差損は約211億円もあり、ソニーなどの他の日本を代表するような輸出企業も壊滅的なダメージを受けていますが、円高によって赤字の額が増えている側面もあります。

 ちなみに、円高は、またユーロの状態が不安定なので、現在さらに大きく進んでおり、任天堂も含めて輸出企業の為替の差損は今後さらに増えていくとみられていて、日本経済の大きな問題になっています。

 なお、ニンテンドー3DSについては、1万円の値下げ後、赤字販売になっていますが、製造コストは下がっているものの、まだ赤字で販売する状態が続いており、逆ざやは解消されていないとのことで、この点も任天堂の業績を悪くしている要素に引き続きなっています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    為替何とかならないんですかねえ
    日本終了しすぎてる・・・・

  2. 匿名 より:

    アメリカとシリアが戦争すればドルが高くなるよ

  3. 匿名 より:

    いや、戦争はだめでしょ…それにしても
    去年よりは3DS売れてると思うけど、
    まだまだ厳しいんだな

  4. 作者不詳 より:

    優良企業の任天堂の決算がこれでは、日本も今後厳しい。
    しかも、円高は欧州崩壊まで続きそうだし、
    金利操作の件で、世界的にメスが入りそうだし、
    おちおちゲームなんてしてられない時代に突入するかも・・・

  5. 匿名 より:

    イチロー「ごめん・・・。」