任天堂はハードとソフトの売り方を変えていく予定。遊べば遊ぶほどソフトが安く楽しめるなど

任天堂はハードとソフトの売り方を変えていく予定。遊べば遊ぶほどソフトが安く楽しめるなど

 任天堂が、ハードとソフトの売り方を変えていく予定であることを発表しています。

 これは、任天堂の岩田社長が決算説明会でコメントしているものです。

 これによると、

 例えば、年に1タイトルだけゲームソフトを楽しまれるお客様も、年に5タイトル、10タイトルとゲームソフトを楽しまれるお客様も、ソフト1タイトルの価格は同じであることがこれまでは当たり前でしたが、もし、アカウント単位に、特定の条件を満たすお客様を対象に、ソフト価格を柔軟にすることができたら、「遊べば遊ぶほどソフトが安く楽しめる」というようなことが実現可能になります。
 この特定の条件というのは、ソフトを多く買っていただく、ということだけではなく、例えば、友達同士で誘いあって一緒にゲームを始めるというようなことも条件として含めることもできます。
 このような販売方法が実現できれば、一つひとつのソフトのプレイ人数が増えたり、一緒に遊べる仲間が増えたりすることが期待できますし、それは、結果、プラットフォームの稼働の維持につながります。

・・・とのことで、遊べば遊ぶほどソフトが安く楽しめるなど、様々な条件により、これまでと違う売り方を考えていることが明らかにされています。
 ただ、今のところ、ハードについての新たな売り方は不明です。

 そして、こういった売り方は、「中期的に取り組んで」いくそうで、具体的にいつからなのかはまだ決定していないようですが、「早期にWii Uで実験的な取り組みをはじめたいと考えて」いるそうです。

 ちなみに、こうしたシステムは、ニンテンドーネットワークIDによるアカウント単位のユーザー管理によって実現出来るもので、任天堂は、プラットフォームの定義を、各ゲーム機といったデバイス単位から、ニンテンドーネットワークIDを元にしたアカウント単位に変えていくことも明らかにされています。

 なお、ソフトを値下げして販売すると、ユーザーにとってはその時は嬉しいものの、任天堂の利益が減って経営が苦しくなり、結局、長期的にみればユーザーにとってもメリットがないのではないかというようなことに対しては、

 (ソフトの値下げによって購入が増え)プラットフォームの稼働が高い水準で維持されれば、その上で動作するソフトに注目していただきやすくなり、結果、より多くのソフトを楽しんでいただくことができるようになります。
 現在、お客様全体を平均すれば、年間に楽しんでいただいているソフトのタイトル数は2~3タイトル程度ですが、お客様の出費を大きく増やすことなく、年間により多くのタイトルを楽しんでいただき、今よりプラットフォームの稼働を高め、お客様にとっても、ソフトの作り手にとっても両方にメリットのある新しい販売方法を目指していきます。

・・・ということがコメントされています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    考えたな…

  2. 匿名 より:

    おお!いいじゃん!
    ってなんでこのことゲハじゃ取り上げないの?今日まで俺知らなかったしorz    あっ(察し