任天堂、健康事業は継続。担当部門が顔色を変えて開発中らしい

任天堂、健康事業は継続。担当部門が顔色を変えて開発中らしい

 任天堂の君島社長が、健康事業についてコメントしています。

 これによると、事業計画は現在も継続しており、担当部門が顔色を変えて開発中になっているそうです。

 

任天堂、健康事業は継続

任天堂、健康事業は継続

 任天堂の健康事業は、「QOL」とも呼ばれている、新事業計画のうちの1つです。

 人々の生活の質を、楽しく向上させることを目標に、様々な新ジャンル商品の開発が示唆されているものですが、最近はほとんど情報が出されていません。

 情報が出なくなった理由としては、これを推進していた岩田元社長が亡くなったからという部分が大きいですが、任天堂の君島社長の2017年末のインタビューによると、現在もまだ新事業として継続して開発が行われているそうです。

 君島社長によれば、これらの事業は、「担当部門が顔色を変えて開発している」とのことです。

 あまり良い方向で「顔色を変えて」という単語は使わないような感じもあるので、君島社長がどういう状態を表現したかったのか分かりにくいところもありますが、引き続き、本気で商品開発が行われているということだと思われます。

任天堂の健康事業を含むQOL事業については、以前に示唆されていたようなものとは全然違うような商品が出て来る可能性もあるようです

 ちなみに、QOLの健康事業の第1弾として、以前に、睡眠と疲労をテーマにした商品の発売を予定しているということが、任天堂によって発表されています。

 その後、この商品の発売は、一旦なくなったような感じになっており、現在は、「面白い、買いたいと思える商品ができた段階で世に出す」ということが君島社長によってコメントされています。

 よって、任天堂の健康事業を含むQOL事業については、以前に示唆されていたようなものとは全然違うような商品が出て来る可能性もあるようです。

 プレイしない人は全くプレイしないゲーム機よりも、多くの人が日ごろから関心のある、生活に密着した健康機器の方が、当たれば大きそうなイメージもありますが、果たして、任天堂らしい新商品は何か作り出せるでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    確か月額料金がかかるようなこと岩田さんが言ってましたよね。
    それでも使いたいと思うのか、それとも買い切り型に変更したのか。

  2. 匿名 より:

    顔色変えてっていう言葉は悪い意味で捉えれがちだけど、それでもあえて言ったと言うことは、ようやく終着点がイメージ出来るようになってきたって事じゃないかなぁ

  3. 匿名 より:

    目の色の間違いじゃないの
    顔色だと追い詰められてるみたいなニュアンスなっちゃうよね

  4. 匿名 より:

    任天堂がやる必要あるんこれ?

  5. 匿名 より:

    wiifitとか発売日に買って暫くは楽しく遊んでたけど、今はご無沙汰だなぁ。もしスイッチで似たような周辺機器出すならオンラインプレイが欲しいところ。世界中の人と運動神経比べしてみたい

  6. 匿名 より:

    新事業始める企業ってほぼ間違いなく迷走してる時だからな
    任天堂が娯楽の定義再構築して健康業界に手を出すなんてぬかし始めたのも、3DS値下げによる利益率の低下やWiiUの失敗で大赤字垂れ流してた時代だし
    スイッチがヒットして何も言わなくなったのは、本業が絶好調だから以外の何者でもない
    そもそも本業が絶好調なら新事業なんて始める必要ないからな

  7. 匿名 より:

    スイッチの売れ行きが予想以上だから慌てて用意している ってことかなあ