任天堂、より多くのコンテンツを開発できるように規模を拡大中

任天堂、より多くのコンテンツを開発できるように規模を拡大中

 アメリカ任天堂のReggie Fils-Aime社長が、任天堂の開発についてコメントしています。

 Reggie社長によると、任天堂は、より多くのコンテンツを開発できるように規模を拡大中であり、良いコンテンツを生み出すことにフォーカスしているそうです。

 任天堂のゲームについては、E3 2015で発表された新規タイトルが少ないのではないかとする評価もありますが、Reggie社長は、北米で2016年の春ごろまでに発売する予定のタイトル数は、去年1年分よりも多くなっていることをコメントし、多くのソフトが開発中であることをアピールしています。

Reggie社長によると、任天堂は、より多くのコンテンツを開発できるように規模を拡大中であり、良いコンテンツを生み出すことにフォーカスしているそうです

任天堂のゲームについては、E3 2015で発表された新規タイトルが少ないのではないかとする評価もありますが、Reggie社長は、北米で2016年の春ごろまでに発売する予定のタイトル数は、去年1年分よりも多くなっていることをコメント

アメリカ任天堂は、上のような、北米で発売が予定されているソフトなどを示したインフォグラフィックも公開しており、これを見れば、実際に2016年の春ごろまで途切れることなく、新作がリリースされていく様子が分かります

任天堂が、より多くのコンテンツを開発できるように規模を拡大中であることはこういったところからも判断できるようになっています

 ちなみに、アメリカ任天堂は、上のような、北米で発売が予定されているソフトなどを示したインフォグラフィックも公開しており、これを見れば、実際に2016年の春ごろまで途切れることなく、新作がリリースされていく様子が分かります。

 よって、任天堂が、より多くのコンテンツを開発できるように規模を拡大中であることはこういったところからも判断できるようになっています。

 なお、今回のコメントは、E3 2015で任天堂の評価があまり良くなかったことに関連して行われているものですが、スマブラ新作や、完全新規IPのスプラトゥーンなどがあった、去年から今年の流れと比べると、数は多いものの、大きく注目を集めそうな新作が少ない印象もあるので、今後は、E3で最低1つは、完全新規IPや海外ユーザーが好むリアル系グラフィックの新作を披露するなどを課題にしていけば、任天堂のE3での評価はもっと上がるのかもしれません。

 情報元

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    毎回言ってるが
    まあそういうしかない気もするなw
    リップ・サービスは否定できないかな
    厳しいとはいえんやろ

  2. 匿名 より:

    メトロイド→Wii UでHDの新作
    マリオテニス→ギャラクシー新作
    ぶつもり→Wii Uで普通の新作

    こうするだけで全然評判は違ったとおもう
    まあこうする労力は計り知れないけども
    メトロイドだけは必須だった

  3. 匿名 より:

    リップサービスは違うか
    まあ期待しすぎないように

  4. 匿名 より:

    NXでどうなるかと思うけど任天堂はもうあまりサードには期待出来なくて自社でなんとかしないとだし、スマホも別でやるんじゃますます規模は拡大させるしかないかもね

    E3は確かに残念で今年に絞ったにしてもスターフォックスが目玉じゃ物足りないので他に大作と言える物ほしかったね。
    でも今年に絞ったのは来年に出るようなのはNXのロンチにかかってきて隠しておきたいから先の発表はしなかった部分もあると思いたいな

  5. 匿名 より:

    E3のプレゼンの見せ方も悪かったのも、評価が悪い理由のひとつなんだよなぁ
    レジー社長は、前々から「自分が感動したゲーム体験」をプレゼンに織り交ぜて話して、共感を求めていく傾向があるけど、E3の放送見るユーザーは新作の情報が全てであって、社長の昔話なんて興味ない

    マリオ30周年にしても、特別コーナー作ってそこで動画流せばいいだけであって、E3でわざわざミュージッククリップ出しても「で?新作は?」になってしまう

    E3はNOAがプレゼンの中心になってるんだろうけど、ここの担当者(もしくはレジー社長本人)をどうにかしないと、いつまで経っても見せ方が下手なままだよ
    「あまり先の話はしない」が任天堂の意思なのは分かってるけど、娯楽商売なんだから将来に夢を見させて欲しい

  6. 名無し より:

    うーん・・・俺はE3の任天堂に対する評価は悪いとは思わないな
    それは任天堂の”E3の立ち位置”について理解していた(つもりだ)し

    定期的にニンテンドーダイレクトというプレゼンテーションの場があるから
    未発表タイトルやその他必要な情報は任天堂自身でのタイミングで発信できる
    だから年1のE3にそこまで重きを置かなくなる

  7. 匿名 より:

    (たしかに改めて言うほどのことでもないよな…)

  8. 匿名 より:

    サードに頼らなくていい体制、が築けたら外野の声に煩わされなくてよくなるな

  9. 匿名 より:

    任天堂だけですべてのジャンルのゲームを網羅出来て1つのハードで年間月3本として40本くらい発売できたとしたら、サードの力はいらんかもしれんね。
    そのためには莫大な開発費用が必要になるし人員も恐ろしいほど必要になるけど。

  10. 匿名 より:

    任天堂だけで毎月一本良ソフトが出るように体制を整えればもうサードなんて気にしなくても良いかもしれませんね
    携帯機にはサードはソフトを出してくれますが据置きはずっとサードが協力してくれないのでもうサードは無視出来るようにした方が良いかと
    任天堂から沢山のRPGやギャルゲーも何でもかんでも出せるようになるのが理想ですね
    ディズニーを目指しましょう

  11. 匿名希望 より:

    2016年の任天堂はどうなっているのだろう。DeNAとも本格的に協力していき、
    待望のNXやまだ未発表の新たなコンテンツもお披露目になるかもしれない。
    その時まで我は、今までの任天堂の紡いできた伝説と向き合い、「遊んで」いきたいと思う。