マリオカートのキャラクター衣装を着た「公道カート」、交番に接触する事故を起こす。マリカーは客足が増加

マリオカートのキャラクター衣装を着た「公道カート」、交番に接触する事故を起こす。マリカーは客足が増加

 「公道カート」の事故が報道されています。

 任天堂が「マリカー」を提訴して話題になっていますが、そんな中、マリオカートのキャラクター衣装を着た「公道カート」が事故を起こしています。

 

任天堂が「マリカー」を提訴して話題になっていますが、そんな中、マリオカートのキャラクター衣装を着た「公道カート」が事故

「公道カート」、交番に接触する事故を起こす

 報道によれば、東京都内の公道を走行していたカートが、2017年3月5日に、港区の交番に接触する事故を起こしていたとのことです。

 このカートは、マリオカートのキャラクター衣装を着た、韓国人の旅行客が運転していたものだったそうです。

 噂の「マリカー」社によるカートなのかは記載されていませんが、よりによって交番で事故を起こすという、何ともシチュエーションの悪いものになっています。

 ちなみに、任天堂は「マリカー」を著作権侵害などで訴えていますが、むしろ本当に問題なのは、「公道カートは非常に危ない」という部分なので、任天堂は、マリオカート風のカートの排除を目指すのならば、そういう危険性を警察などに訴える努力をしていってもいいような気もします。

 こういった情報を伝えてるのは、ソースにしにくいところしかないのですが、例えば、東スポでは、

・ 運転している車の前方で車線変更したカートがいたが、カートの車高が極端に低く、運転席から見えなくて、あわや接触事故という事態だった
・ ツーリングに帯同している業者の人間は、ガイド資格を持っているのか

ということを伝えています。

 また、週刊SPA!では、

・ 車高が極端に低いので、こちらの気が付かないうちにタイヤに巻き込んでしまう可能性
・ 乗っている人はみんな着ぐるだけで、ヘルメットを被ってない
・ シートベルトの設置義務もなく、車検も行わなくていい

というような問題点を報じています。

 また、その外国人観光客が、日本でカートに乗ることが出来る免許を、本当に持っているのかちゃんと確認しているのか?という疑問もあると思われます。

バイキングによれば、任天堂が訴えたことで、「マリカー」の客足は増加し、より繁盛しているようです

 なお、バイキングによれば、任天堂が訴えたことで、「マリカー」の客足は増加し、より繁盛しているようです。

  情報元

 マリオカート8 デラックス Amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    あーあー、やりやがった….

  2. 匿名 より:

    法律の穴を抜けてグレーな商売で儲けてニュースになって交番に突っ込むとかこち亀かよ

  3. 匿名 より:

    両津ー!の声が聞こえる….

  4. 匿名 より:

    客足が増えたのは、営業停止になる前に乗っておきたい人が少なからずいたからだろうね

  5. 匿名 より:

    とりあえず訴えておいたおかげで任天堂のせいみたいな誤解は広がらずに済んだよね