任天堂、宮本茂氏、竹田玄洋氏の権限を強化。本部長を超え、開発全体を統括することに

任天堂、宮本茂氏、竹田玄洋氏の権限を強化。本部長を超え、開発全体を統括することに

 任天堂が、宮本茂氏、竹田玄洋氏の権限を強化したことが明らかになっています。

 昨日、任天堂の新社長に、君島達己氏が就任することが発表されましたが、同時に、任天堂の宮本茂氏、竹田玄洋氏の役職も「フェロー」というものに変更されることが発表されています。

任天堂が、宮本茂氏、竹田玄洋氏の権限を強化したことが明らかになっています

 宮本茂氏、竹田玄洋氏は、これまで、それぞれ、情報開発本部長、統合開発本部長という役職でしたが、今後は、「フェロー」という、「高度な知識と豊かな経験をもとに、専門領域において、組織運営に関し、指導、助言を行う職位」になります。

 このフェローという役職は、各企業で何か明確に決まった役職ではないので、どのようなものなのか謎でしたが、任天堂の場合は「本部長を超える権限で開発全体を統括する」ものになっているそうです。

 よって、情報開発本部長、統合開発本部長ではなくなったので、宮本茂氏、竹田玄洋氏は、今回の人事で、勇退や名誉職に移動、一歩引いた立場に後退させられたなどという評価もありますが、実際はその逆で、以前よりも、開発に関する権限が強化されたものになっています。

 ちなみに、日経でも、「ゲーム開発のトップ2人(宮本茂氏、竹田玄洋氏)を管理業務から切り離し、最前線で指揮を執れるようにする」と記事にされていて、今回の人事は、「開発の人」はより開発に近く、「銀行の人」はより経営に近くするようなものであることが分かるものとなっています。

 なお、昨日公開された「スーパーマリオメーカー」のDeveloper Storyの動画の改訂版では、

情報開発本部長、統合開発本部長ではなくなったので、宮本茂氏、竹田玄洋氏は、今回の人事で、勇退や名誉職に移動、一歩引いた立場に後退させられたなどという評価もありますが、実際はその逆で、以前よりも、開発に関する権限が強化されたもの

 若いころの宮本茂氏の姿も見れるようになっています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    前の記事のコメントで「開発により近づくための希望人事じゃないか」と書いたけど、やっぱその通りみたいだな

  2. 匿名 より:

    もっと若い人材登用しないと時代の変化に

  3. 岡島史浩 より:

    宮ポンがイケメン!

  4. 匿名 より:

    ミヤホンあんま変わってないな
    それよりTBC通してないのか映像ヨレヨレですやんw