ニンテンドーNXのマルチメディア ドライバを担当する人のプロフィールが発見される

ニンテンドーNXのマルチメディア ドライバを担当する人のプロフィールが発見される

 「Steven Chith」というアメリカの人のプロフィールが発見され、海外で話題になっています。

 linkedinで公開されているプロフィールによると、Steven Chith氏はソフトウェア エンジニアであり、現在、「Associate Software Development Engineer」として、任天堂の新型ゲーム機「NX」の開発に関わっているとのことです。

 また、Steven Chith氏は自身のサイトで、現在、ニンテンドーNXの「multimedia drivers」を開発中であるということも明らかにしています。

linkedinで公開されているプロフィールによると、Steven Chith氏はソフトウェア エンジニアであり、現在、「Associate Software Development Engineer」として、任天堂の新型ゲーム機「NX」の開発

 この「マルチメディア ドライバ」が何のことなのかということについては、海外でも意見が分かれているようですが、ビデオやオーディオのドライバーやコーデックなどのことではないかと考えられています。

Steven Chith氏は自身のサイトで、現在、ニンテンドーNXの「multimedia drivers」を開発中であるということも明らかに

 ちなみに、Steven Chith氏がこの開発に携わったのは、2015年2月からとなっていることから、最低でも2015年2月にはニンテンドーNXの「マルチメディア ドライバ」の開発が始まっていたとも言われています。

この「マルチメディア ドライバ」が何のことなのかということについては、海外でも意見が分かれているようですが、ビデオやオーディオのドライバーやコーデック

 なお、Steven Chith氏は、ずっと任天堂関連の仕事をしていたわけではなく、インディーゲームの開発など、様々な開発を経て2015年2月からこの仕事を行っているようなので、ニンテンドーNXの開発自体がこの時期から始まったということではなく、ハード自体の開始はもっと前だと思われます。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    そうなんだ