任天堂やソニーのゲーム機にも関係。ソフトバンクがARMを買収へ

任天堂やソニーのゲーム機にも関係。ソフトバンクがARMを買収へ

 ソフトバンクがARMを買収する意向であることを発表しました。

 ARMの買収額はおよそ240億ポンド、日本円で約3.3兆円で、日本企業による海外企業の買収としては過去最大規模の超大型案件となります。

 ARMは、イギリスに本社を置く半導体製品の会社で、最近はスマートフォンのCPUなどで有名です。

 ARMのCPUの基本設計は、全世界のスマホ、タブレットなどのモバイル機器の約85%もの割合で採用されており、今や生活に欠かせない存在となっています。

 ソフトバンクとしては、そのスマホ≒ARMを手に入れることにより、ARMに独自のCPUを作らせ、自社ネットワーク系で使える端末で優先的に使用し、他社よりも優位に立ったり、ARMの持つ半導体製品の開発や設計を活かして、IoTなどの新たな分野への進出も見込んでいるようです。

ARMのCPUは、ニンテンドー3DSやプレイステーションVITAなどにも採用されており、ソフトバンクによるARMの買収は、任天堂やソニーのゲーム機にも関係して来る

 ちなみに、ARMのCPUは、ニンテンドー3DSやプレイステーションVITAなどにも採用されており、ソフトバンクによるARMの買収は、任天堂やソニーのゲーム機にも関係して来ることになっています。

 携帯ゲーム機もARMのCPUがなければ作りにくいような状態となっているので、買収が成功すればソフトバンクの意向もゲーム業界により大きく影響して来るようになるかもしれません。

 softbank.jp

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    3.3兆円とか絶対に元とれないだろ
    ソフトバンクは買収したり株売ったりばっかり
    完全に投資会社になってるよなあ

  2. 匿名 より:

    どうなるんでしょうね、ソニーはVITAを最後に携帯機から撤退しそうな感じだけど、任天堂は確実に続けるだろうし。

  3. 匿名 より:

    いいえIT企業です。自称ですけど

  4. 匿名 より:

    [悲報]

  5. 匿名 より:

    ここでソフトバンクとか予想外にもほどがある

  6. 匿名 より:

    元々ソフトバンクは会社を買って大きくなってきた企業だが、
    大抵こういうケースはダメになるっていうのが定番化してきてるので
    仮に成功しても足かせ付くだけだろうとしか
    ソフトバンクといえばサターンやドリキャスの専門誌出してたな
    これはセガのハード事業復活か!?くらいの見出しでよかったんじゃね

  7. 匿名 より:

    株転がしやろうし
    経営には口出ししないやろ

  8. 匿名 より:

    影響なんてほぼないでしょ

  9. ゲーマー より:

    要するに目的は究極のクラウドサービスってことだよな。