任天堂のスマホ用のアプリ、2014年中に配信開始。任天堂プラットフォームの魅力を伝えるものに

任天堂のスマホ用のアプリ、2014年中に配信開始。任天堂プラットフォームの魅力を伝えるものに

 先日、日経が報道していた、任天堂によるスマホ用のアプリについて、岩田社長が正式発表しています。

 これによると、任天堂のスマホ用のアプリは、任天堂プラットフォームの魅力を伝えるものになっており、2014年中に配信する予定にしているとのことです。

 アプリは、「社内の精鋭人材を投じて取り組み」、「開発チームには、ゲームをつくることも、自社のキャラクターを使うことも禁じていません」ということが明らかにされています。

任天堂のスマホ用のアプリは、任天堂プラットフォームの魅力を伝えるものになっており、2014年中に配信する予定にしているとのこと

 ただ、「自社のゲーム資産をそのまま移植したとしても、それはスマートデバイス向けの娯楽として最適ではないと考えていますので、このようなアプローチを採ることは一切想定していません」とのことで、スマホ用に新作ゲームが出たり、過去作の移植が行われたりすることはなく、「『マリオをスマートデバイスに供給』と報道されますと、完全にミスリードになってしまいます」ということもコメントされています。

 具体的にどのようなものなのかは、現時点では明らかにされていませんが、

 「任天堂が宣伝のための媒体をスマートデバイスにつくったから、それをみなさんが毎日起動していただけるか」といいますとそのような虫のよい話はあり得ませんので、お客様にとって「楽しい、気持ちがいい、うれしい」ということが起きませんと頻繁に起動してはいただけないと思っています。
 スマートデバイスのアプリは大変激戦で、起動され続けるというのは特に大変だと言われています。ダウンロードして1回遊んでいただくだけであれば、それほど困難ではないのかもしれませんが、「遊び続けていただく」、「起動し続けていただく」というのは大変なことだと思っています。「そういう覚悟でやります」という決意を申し上げており

・・・ということがヒント的に紹介されています。

 任天堂のスマホ用アプリの内容について、日経は、宣伝用として、そのゲームの面白さが分かるミニゲームを配信すると報じていましたが、「遊び続けていただく」、「起動し続けていただく」ということなので、それに近いものが配信されるのかもしれません。

日経の記事を紹介してお伝えしましたが、スマホなどからダウンロードゲームを購入出来るようになることも正式発表されています

 そして、こちらも先日、日経の記事を紹介してお伝えしましたが、スマホなどからダウンロードゲームを購入出来るようになることも正式発表されています。
 これについては、PSやXboxで既に行われているので、それと同様なものを任天堂も行うというイメージだと思われます。

 なお、スマホなどからダウンロードゲームを購入出来るようになることについては、「これまでゲーム機上で実現してきたサービスの中で、スマートデバイスで実現したほうが、使い勝手やお客様の体験をより改善できるサービス」の一例として挙げられていることから、この他にも、スマホなどで新たに出来るようになる任天堂のサービスがあるようです。

 情報元

 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    宣伝が本質のものなんだよね?でも文章を見る感じ面白そうだから困る
    スマホ持ってないんだよ・・・

  2. 匿名 より:

    本当はこれ、サード各社が各々すでに始めているべき事なんだよね。
    別に任天堂ハードに限らず、PSでもXBOXでも、もし本当にサードが据え置きの未来を憂い、どうにかしたいと本気で考えているなら、スマホゲームを据え置きの入門や導入編にして、据え置きこそ当タイトルの本番!とかやって据え置きに興味持ってもらい、ユーザーを誘導する宣伝方法とか、色々やり方はあった。
    それをせず、サードは寧ろ課金システムでユーザーをスマホに縛ろうとしてたね。
    つまり、口では憂うが、実はどこも本気じゃなくて、精々「どっかの誰かタスケテー」って態度だったんだな、と改めて思う。

    逆に今回の件で、任天堂は本当に本気で据え置きや業界の未来を案じているな。その対策を考えて実行しているな、と感じたよ。

  3. 匿名 より:

    「スマホ向け」じゃなくて「Webベース」の方が良いと思うのだが…
    スマホとか今ブームなだけで数年後はガラスマだらけになると予想されるし
    iPhoneも日本でしか売れてねぇし、これからWndowsPhoneの参入も予測される
    爆死するとは思うが、ドコモ自身が作っているOS自体すらある状況
    下手に個別アプリ作るよりWebベースの方が良いと思うのだが…

  4. 匿名 より:

    それだとスマホのブラウザ→任天堂公式サイト
    スマホのYoutubeアプリ→任天堂チャンネル
    ってことと変わらないから
    アプリも作るってことかと…
    GPとかで配信したいんでしょうね

  5. 匿名 より:

    海外でiPhoneより売れてる、のはAndroidスマホだろ
    何を言ってるんだろう?

  6. 匿名 より:

    ダイレクトがスマホでリアルタイムに「直接」見れるなら販促としては合格だと思う

  7. 匿名 より:

    以前ガラケー向けに「ニンテンドーモバイル」という
    任天堂ゲームの着メロとかがダウンロードできる公式サービスがありましたよね。
    あれゼルダの謎解き音を着メロに出来たりして好きだったんだけど
    それの今風バージョンをやるって感じですよね。

  8. 匿名 より:

    今やすっかりスマホばっかりになったからなあ
    出先ではネットなんて見ない、と言う層はガラゲーかも知れないが

  9. 匿名 より:

    ニンテンドーポイントがスマホで買えると楽で良いんですけどね