任天堂の宮本茂氏、スマホゲームも化ける可能性あり、他のチャレンジでも大化けするよう頑張る

任天堂の宮本茂氏、スマホゲームも化ける可能性あり、他のチャレンジでも大化けするよう頑張る

 任天堂の宮本茂氏が、決算説明会でスマホゲームについてコメントしています。

 決算説明会で、任天堂のスマホゲームはどれほどの収益を見込んでいるのかと訊かれた宮本茂氏は、「スマートデバイス事業にも『化ける』可能性があると思っています」とコメントし、大ヒットが目指せるような予感があることを明らかにしています。

 ちなみに、任天堂という企業は、「生活必需品を売る会社ではなく、何が大きな収益に『化ける』のかが誰にも予想できない、新しい需要を自ら生み出すエンターテインメントのビジネス」をしており、これまでも、「常にその時々の状況を見て『化ける』可能性を広げる」ことをして来たと、宮本茂氏は説明しています。

決算説明会で、任天堂のスマホゲームはどれほどの収益を見込んでいるのかと訊かれた宮本茂氏は、「スマートデバイス事業にも『化ける』可能性があると思っています」とコメントし、大ヒットが目指せるような予感があることを明らかにしています

 具体的には、任天堂の「ゲーム&ウオッチ」が売れて安定した収益があった時に、同時に「ドンキーコング」の大ヒットで売上が倍増し、業務用ゲームで利益が出ている時にファミコンビジネスが順調に拡大するようになると、業務用の開発を止め、家庭用に専念するなどして、任天堂の限られた人材やリソースをどの事業展開のために注力させるべきかを柔軟に検討しながら、ビデオゲーム専用機ビジネスを中心に成果を上げて来たということになっています。

 そうした中で、宮本茂氏は、現在は、スマホゲームも化ける可能性があると思っており、また、「ほかにもいろいろな可能性にチャレンジ」しており、そのような他のチャレンジでも大化けするよう頑張るということがコメントされています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    宮本さんが言うんだから信憑性ありだな

  2. 匿名 より:

    いつもどおりの任天堂らしい考え方だと思う

  3. 匿名 より:

    課金は買い切り型のみでガチャは禁止なら別にいい
    バッジのやつは上限額ちょっと高すぎる