ニンテンドースイッチ、松本人志さんも体験。1-2-Switchをプレイ

ニンテンドースイッチ、松本人志さんも体験。1-2-Switchをプレイ

 ニンテンドースイッチをダウンタウン松本人志さんもプレイしています。

 関西で放送された「松本家の休日」という番組で、「1-2-Switch」をプレイする様子が映されたようです。

 

ニンテンドースイッチをダウンタウン松本人志さんもプレイしています

ニンテンドースイッチ、松本人志も体験

 ニンテンドースイッチは、2017年3月3日に発売されています。

 今回の番組の収録はそれよりも前だったようで、任天堂からハードとソフトが贈られ、事前にプレイしていたようです。

関西で放送された「松本家の休日」という番組で、「1-2-Switch」をプレイする様子が映された

 番組では、松本さんと宮迫さんが1-2-Switchをプレイしている様子が紹介されています。

ニンテンドースイッチ、松本人志も体験

 1-2-Switchは、1人でプレイできるゲームがほとんどないので、Amazonレビューも低いですが、今回のように多人数がいれば楽しくプレイは可能です。

1-2-Switchは、1人でプレイできるゲームがほとんどないので、Amazonレビューも低いですが、今回のように多人数がいれば楽しくプレイは

 どちらかと言えば、「楽しいゲーム」というよりも、松本さん、宮迫さんのように、これぐらいのリアクションで「楽しくプレイするゲーム」という評価の方が正しいかもしれません。

 そういう意味では、プレイ人数とプレーヤーの性格を選ぶものの、条件に合うならば、HD振動も色々体験出来るスイッチならではのゲームなので、番組のように盛り上がること間違いなしとなっています。

そういう意味では、プレイ人数とプレーヤーの性格を選ぶものの、条件に合うならば、HD振動も色々体験出来るスイッチならではの体験が出来るゲームで、番組のように盛り上がること

 ちなみに、松本人志さんは、以前にこの「松本家の休日」の番組で、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」も任天堂に貰っています。

松本人志さんは、以前にこの「松本家の休日」の番組で、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」も任天堂に貰っています

 そのときは、かなりプレイしていたと昔から語っていた「ドクターマリオ」などをプレイしています。

 なお、松本さんは、Wiiロンチのときも任天堂からハードをもらって、ゼルダをプレイしていたというようなことをコメントしていたので、今回も、自宅で「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をプレイしていたりするかもしれません。

 1-2-Switch(ワンツースイッチ) Amazon  楽天

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    CMよりもこういうのがいいだろな

  2. 匿名 より:

    ピクミン大好きな人のイメージ

  3. 匿名 より:

    これパーティーゲームだし人がたくさんいるところにもってくのを開発は推奨してるし。一人で遊んでクソゲー認定してる人がいるのが悲しい。

  4. 匿名 より:

    コピーダンス観たかったな

  5. 匿名 より:

    ネット民向けじゃないゲームがネットで評価されるわけないわな

  6. 匿名 より:

    海外のレビューとか見当違いの多そうだしね

  7. 匿名 より:

    同じ対人ゲームでもボードゲームやカードゲームだと一人で遊べないって文句付けるアホは見ないのにTVゲームだと見る不思議

  8. 匿名 より:

    12switchにフルプライスはさすがに出さない.ミニゲームにすらなってないhd振動の体験版でしょ?それならwiiuみたいなパーティゲームでよかった。

  9. 匿名 より:

    日常とは異なる体験をして、初めて娯楽としての意味がある。
    これは、本にしても映像にしても、音楽にしても遊園地にしても、さまざまな娯楽にも共通だ。
    誰が日常的なものを望んで楽しもうとするだろうか。

    「1-2-switch」は、一つ一つ真剣に考えれば、代替できる手段というのはいくらでも考え付く。
    しかし、パッケージングされたもので、コントローラー等の付属品もあり、それでいて多人数で対戦できる仕組みというのはそうそうない。
    そうしたものを2名、もしくはグループで楽しむのであれば、十分なコミュニケーションツールになりうる。
    一人で部屋にこもってゲームをするような人だと理解できないだろうけど、人が集まって遊ぶような環境にある人であれば、こうしたバカをして楽しむという魅力は十分理解できる。

  10. 匿名 より:

    ボリューム層のキッズはレビューなんて書かないから任天堂ましてやこの手のパーティーゲーはネットのオタクどもにはウケないだろうね。そしてそんな偏った意見(レビュー)が世間の評価みたいに見られるのは釈然としないが、このことに気付いてる人は多くないだろう。

  11. 匿名 より:

    一人プレイ専用があるんだから複数プレイ専用があっても良いじゃない。なんか「俺が思ってたのと違う」ってだけで貶める人多いんだよね。コレをきっかけに一人でジョイコンの機能を体感出来るメイドインワリオみたいなソフトが出るかも知れないし

  12. 匿名 より:

    アマゾンレビューの2番目の人は面白いな
    自分で購入しておいてお金が削られるってw
    男が生理用品に文句つけながら購入してるようだ

  13. 匿名 より:

    気軽なパーティーゲームとしてスニッパーズはいい気がするぞ。安いし抵抗なくできるデザインしてるし。

  14. 匿名 より:

    1-2-SwitchってMiitopiaや脳を鍛える大人のDSトレーニングに携わったスタッフが作ったみたいだけど、完全にハードの機能を生かした非ゲーマー向けパーティーソフト。
    複数の解き方があってソフトのアイデアで勝負してるイギリスのディベロッパーと作ったスニッパーズの方が、ゲーム好きには受けると思う。
    海外サイトのレビューも対戦プレイの1-2-Switchより、協力プレイのスニッパーズのほうが20点ぐらい高かった。