ニンテンドースイッチ、計画を守れるように生産の準備は完了している

ニンテンドースイッチ、計画を守れるように生産の準備は完了している

 ニンテンドースイッチの生産状況について、任天堂の君島社長が少しコメントしています。

 これによると、計画を守れるように生産の準備は完了しているそうです。

 

ニンテンドースイッチの生産状況について、任天堂の君島社長が少しコメントしています

増産してほしいとお願いして回った

 ニンテンドースイッチは、2017年3月3日の発売から、2017年の年末ごろまでずっと品薄でした。

 現在は、Amazonや楽天などの人気通販サイトでも、普通に買える状態が当たり前になって来ているなど、品薄はほぼ解消されたと言っていい状況です。

 この点について、任天堂の君島社長は、まだ完璧に品薄を解消できたわけではないものの、特定の店で買えなくても、他を探せば普通に入手できるぐらいにはなっているということを明らかにしています。

 また、君島社長は、ニンテンドースイッチの品薄を解消させるために苦労したということもコメントしています。

ニンテンドースイッチについては、2017年末まで普通に買えない状況が続いていたのは、品薄商法をやっているからだと言われることもありました

 ニンテンドースイッチについては、2017年末まで普通に買えない状況が続いていたのは、品薄商法をやっているからだと言われることもありました。

 ただ、スイッチは、元々、約1年で1000万台という生産計画だったので、それを大きく上回る需要が発生して品薄になっていただけというのが実態です。

 また、例えば、普通のゲームソフトの場合、増産はそれほど難しくはありません。

 しかし、ニンテンドースイッチの場合は、かなりパーツの多いハードでもあるので、増産しようとしても、各パーツメーカーの製造能力の限界もあるため、なかなかすぐには全ての部品が集まりません。

 実際、任天堂の君島社長も、スイッチ増産のために、「あらゆる部品メーカーになんとか増産してほしいとお願いして回った」ということを明らかにしています。

 

ニンテンドースイッチの生産については、それなら最初からもっと大量に製造するように計画しておけという意見も出るかもしれません

ニンテンドースイッチ、計画は守れる

 ニンテンドースイッチの生産については、それなら最初からもっと大量に製造するように計画しておけという意見も出るかもしれません。

 しかし、スイッチの1年間で1000万台という当初の生産計画は、前の機種にあたる「WiiU」が、1年目590万台、2年目330万台ぐらいしか売れなかったことから考えると、元々かなり多いとも言えるものになっています。

 ちなみに、現在の任天堂の計画は、2018年3月末までに、ニンテンドースイッチを1500万台売るというものです。

 ただ、なかなか増産できなかったのに、1500万台に達するまで生産できるのか疑問の声もあります。

 これについて、任天堂の君島社長は、既に1500万台分については、計画を守れるように生産の準備は完了しているということを明らかにしています。

 よって、あらゆる部品メーカーになんとか増産してほしいとお願いして回った成果もあり、現在は、生産が間に合わなかったからスイッチの販売計画を達成できないという失敗は発生しないということになっています。

 また、現在、「1500万台の計画」以上の需要が発生しても対応できるような準備も進めていることも明らかにされており、ここから再び、極端なニンテンドースイッチの品薄が発生することはもうないというようなことも示唆されています。

  情報元

 ニンテンドースイッチ Amazon 楽天 セブンネット

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    誰だ品薄商法とか言ってたの