ニンテンドースイッチ、オンラインのアプリが改善。ボイチャ中のスリープ対応など

ニンテンドースイッチ、オンラインのアプリが改善。ボイチャ中のスリープ対応など

 ニンテンドースイッチのオンラインのアプリがバージョンアップしています。

 今回は、ボイチャ中のスリープ対応などの改善が実施されています。

 

Nintendo Switch Onlineアプリ Ver.1.1.0

Nintendo Switch Onlineアプリ Ver.1.1.0

 ニンテンドースイッチのオンラインのアプリは、今日から「Ver.1.1.0」の配信が開始されています。

 今回は、次のような内容が導入されています。

 

●他のアプリ(※1)を開いていても、本アプリでボイスチャットが続けられるようになりました。
※1 音声が出たり、マイクを使うアプリを除きます。

●スリープ中でもボイスチャットが続けられるようになりました(※2)
※2 Android 6.0 以降の省電力機能により、スリープ中にボイスチャットを一定時間続けると切断されることがあります。
 スリープ中にボイスチャットをしたい場合は、アプリ内の「設定・その他」→「省電力設定」を選択して、各端末の省電力機能を解除してください。
 くわしくは、お持ちのスマートフォンなど、各端末の公式サイトをご覧ください。

●Bluetooth機器への対応を改善しました(Android端末のみ)

 

 よって、今回のアップデートでは、特に海外で酷い仕様と言われ少し話題にもなっていた、他のアプリの使用中の動作や、スリープ中の動作が改善されています。

 なお、「Nintendo Switch Onlineアプリ」は、スプラトゥーン2の履歴などを見たりするのには便利です。

 ただ、今回のアップデートがあっても、フレンドとのボイスチャット目当てならば、このアプリではなく、スカイプやディスコードなど、他の一般的な通話ソフトを使う方がいいような感じはまだ残っていると思われます。

 Nintendo Switch Online iOS版Android版

スポンサーリンク

シェアする