任天堂の筆頭株主、山内溥氏からJPモルガンに変更

任天堂の筆頭株主、山内溥氏からJPモルガンに変更

 任天堂の筆頭株主が、山内溥氏からJPモルガンに変更があったことが明らかになっています。

 これは、山内溥氏の死去で相続が行われたことによるものです。

 日経によると、山内溥氏の保有していた任天堂の株式の相続は、

 任天堂は25日、9月に死去した山内溥前社長が持っていた同社株式1416万5000株(議決権ベースで全体の11.1%、筆頭株主)を子供4人が相続したと発表した。長男の山内克仁企画部長ら息子2人が各429万1200株、娘2人が各279万1300株を相続した。25日の終値ベースで計算すると男性は約590億円、女性は約390億円分となる。

・・・とのことで、子供4人に対して行われたようです。

 これにより、「これまで第2位株主だったJPモルガン・チェース銀行(9月末時点で約9%の株式を保有)が筆頭株主となる」とのことです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする