「鬼トレ」の最初に提案したタイトルは「地獄の脳トレ」、「鬼計算」の最高記録は任天堂で13、研究室で20、カンストは99バック

「鬼トレ」の最初に提案したタイトルは「地獄の脳トレ」、「鬼計算」の最高記録は任天堂で13、研究室で20、カンストは99パック

 任天堂のサイトに、「社長が訊く『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』開発スタッフ篇」のインタビュー記事が追加されました。

 これによると、「鬼トレ」の最初に提案したタイトルは、きついトレーニングであるということを分かりやすく前面に出した「地獄の脳トレ」というものだったそうです。

 そして、その頃のゲーム内に登場する川島教授は、頭の上に火山がのっていて、怒ったら噴火するようなものだったとのことです。

 しかし、きついトレーニングであるということを前面に出し過ぎていることから、このタイトルや仕様などはボツになり、厳しいトレーニングであっても、楽しいものにしたいということで、様々な企画が考えられたことが明らかにされています。

 その時に考えられた企画には、ストーリー仕立てにしたものや、育成ゲームにしたものなどもあり、中には、萌えキャラを育てるというようなものや、イジられ役のタレントさんを実写で出して、最初はボケボケキャラだったのが、やがて切れ味鋭くなっていくもの、鳥を育てたり、ロボットを強くしていくというようなものまで、様々なものがあったそうです。

 ちなみに、鬼トレは、完成までに3年以上かかっており、上のような迷走は半年以上続き、最初はDSで出すことも考えていたことも明らかにされています。

 そして、ニンテンドー3DSの「鬼トレ」は、「鬼計算」が厳しいトレーニングの代表になっていますが、この最高記録もインタビューでコメントされています。

 これによると、「鬼計算」の最高記録は、任天堂の社内では13バックで、川島教授の研究室では20バックになっているそうです。

 そして、仕様上の上限である「カンスト」は99バックになっているとのことです。

 なお、「鬼計算」は、3DSのイーショップで配信されている鬼トレの体験版でプレイ可能なので、どれほど難しいのかはそれをプレイしてみると分かると思います。

 社長が訊くインタビュー

 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング(Amazon)

スポンサーリンク

コメント

  1. オキシライド より:

    パックじゃなくてバックでは?

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    修正しました!

  3. 匿名 より:

    研究所はやっぱりさすがですね

    任天堂の最高記録はだれなんだろうw

  4. 匿名 より:

    俺なんか3もクリアできないぜww
    20とか超人過ぎる

  5. オキシライド より:

    僕は速い7バックの途中です。
    一般的に強くないですか?

  6. オキシライド より:

    鬼耳算は速い3バックで止まってまーす

  7.  ace より:

    99バック出来る奴が居たらすげえな・・・
    是非ダイレクトで実演して欲しいわw

  8. x より:

    鬼計算は5バックで止まってます。

  9. 脳とけ より:

    すれちがった。。。
    速い56バック。。。
    まじで???

  10. Darx より:

    せいぜい3バックが限界w

  11. i より:

    わー神ってるわーw