ペーパーマリオ、登場キャラはマリオシリーズ内でまとめることが基本的な目標

ペーパーマリオ、登場キャラはマリオシリーズ内でまとめることが基本的な目標

 ペーパーマリオ カラースプラッシュについて、ニンテンドードリーム 2016年12月号で開発者インタビューが少し掲載されています。

 この中で、登場キャラについて任天堂スタッフがコメントしています。

 これによると、ペーパーマリオは、登場キャラはマリオシリーズ内でまとめることが基本的な目標になっているそうです。

 ちなみに、この「ペーパーマリオに出せるキャラは、マリオシリーズのキャラだけ」というようなことは、

ペーパーマリオ カラースプラッシュについて、ニンテンドードリーム 2016年12月号で開発者インタビューが少し掲載されています

 スーパーシールの社長が訊くで、同じようなことがコメントされているので、多くの批判が出た、この宮本茂氏の指示が、カラースプラッシュ時代でもまだ有効なようです。

 マリオシリーズのキャラが、ポケモン並みに数多くいれば、この指示に対する不満は少ないのだと思われますが、そうではないので、この指示が出された以降の作品であるスーパーシールやカラースプラッシュは、

これによると、ペーパーマリオは、登場キャラはマリオシリーズ内でまとめることが基本的な目標になっているそうです

 スーパーシールのときにプロデューサーも自ら言っているように「味方側がキノピオだらけ」になっていて、ファンからあまり面白くないと言われています。

この「ペーパーマリオに出せるキャラは、マリオシリーズのキャラだけ」というようなことは

 マリオシリーズのキャラを増やし過ぎると世界観が崩れるという部分はあるので、「勝手に新キャラを作らせない」という生みの親の判断はある意味正しいのだと思われます。

 しかし、ペーパーマリオのような冒険もので味方キャラがほぼキノピオだけというのは、ゲームをつまらなくしている要素の1つで、スーパーシール以降の世界的な低評価の大きな原因の1つなので、今後は、マリオたちが別の世界観に行くなど、色々方法はあるはずなので、何か別のアプローチを考えて欲しいところかもしれません。

ビデオゲームの神の言うことは絶対的な正しさもあるとは思われますが、宮本茂氏がわざわざ「対立」というほどのやり取りも他のゲームの開発においては発生しているので、ペーパーマリオも、神の言うことをそのまま聞くのではなく、ユーザーからの批判をプロデューサーやディレクターが説明

 なお、先日ご紹介した「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、アイテムの種類は少なくすべき派の宮本茂氏と対立」という話もあったりして、宮本茂氏がわざわざ「対立」というほどのやり取りも他のゲームの開発においては発生しています。

 ビデオゲームの神の言うことは絶対的な正しさもあるとは思われますが、ペーパーマリオも、神の言うことを何でもそのまま聞くのではなく、ユーザーからの批判をプロデューサーやディレクターが説明して、ゼルダのように宮本茂氏を説得すべきというようなことは指摘できると思われ、宮本茂氏のアドバイスを元にゲームをより良く出来るのかは、そもそも「絶対に新キャラ作るな」ではなく「可能な限り」という注文でもあるので、プロデューサーやディレクターの交渉のウデマエの差ではないかと思えるところもあるかもしれません。

 ニンドリ2016年12月号 Amazon  楽天  セブンネット

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    そもそもあの世界はなんでもかんでもキノピオ以外モンスターっておかしい、そもそもマリオ世界の悪役はクッパ以外異次元や遠くの国、ライバルやチンピラどもと対立するわけですし、あの世界はドラゴドンもオチビもドッスンさんのマスターカフェと噴水広場のムーチョたち、田舎者クリボーズ、みたいに敵から味方に昇格する奴もいんのにほかは敵で倒したら消滅、はい終わりって、せめてサンシャインみたく、コピー用紙みたいな所に落書きでペンキぬった奴らが襲ってきて、で倒したら消えるならわかる、それ以外は普通に「ああ、マリオさん!聞いてください!僕らの偽物が暴れてるんです!」とかクッパ軍団なら「おい、なんかよー、クッパさまがおかしいんだよ、いつもなら部下に優しいのに」みたいな感じでいいのに

  2. 匿名 より:

    任天堂にいて宮本さんに逆らうのはかなり難しいでしょう
    性格だって結構我が強いの伝わってくるし
    ビデオゲームの神もちょっといいすぎでは
    すごい人ではあるけど、ここずっと冴えないというか

    不評になる要素になっても、ある意味判断は正しいとなるの?
    ペーパーマリオはもともといろんなキャラがいてそれ込みで受けてたのに、そういう世界として成り立っていたのでは?
    おんなじこと続けてもマンネリになるけど、なにが評価されてたのかは考えないといけないわ
    シールって、今までと違うとかじゃなくてほんと単純につまんないんだって

  3. 匿名 より:

    マリオシリーズキャラでまとめる=味方キャラがキノピオだけ
    て可笑しな話だよな

    メトロイドにしろぺパマリにしろ田邊が無能てのが主な原因だと思うけどな。

  4. 匿名 より:

    ペーパーマリオに関しては田邊が無能なだけでしょ
    宮本の意見が絶対視されるようだったら任天堂は本当に終わる
    実際、どうなのか知らないけどいろいろな意見をぶつけ合えない会社に良いものが作れるとは思わないな

  5. 匿名 より:

    ペパマリのおもしろさを
    まっっっっっっっっっったく
    なんんんんんんんんんんにも理解してねぇな
    ユーザーの声よりも神()のお告げが大事なんですね

  6. 匿名 より:

    もうクリスチーヌやビビアン、レサレサやアカリンとかは出ないのね

    非常に残念です

  7. 匿名 より:

    スイッチにペパマリ出るとしても違う人に任せて欲しいですね
    もう田邊てだけで海外含めて絶望与えそう

  8. 匿名 より:

    マリオでやらなきゃいいだけ

  9. 匿名 より:

    マリスト時代のザコ敵と同じ種族の仲間とかも駄目なの?
    スーパーペーパーマリオのオリキャラはやり過ぎた感あるし宮本が嫌なのもわからんことはない

  10. 匿名 より:

    宮本さんの部下はイエスマンが多いイメージ
    凄い人の意見なら無条件で正しいと思ってしまう能なしによくいる

  11. 匿名 より:

    話だけ見ればいくらでもやり方はあるように見えるけど

  12. 匿名 より:

    ロゼッタだってトッテンだって、元をたどればピーチもクッパもみんなオリキャラからメインになったんじゃないか

  13. 匿名 より:

    ビビアンやクラウダ、後クリオとか好き
    だったし、ストーリー仕立てなのが好きだったんだけどなぁ

  14. 匿名 より:

    カラースプラッシュは全クリしたけどもうほんっっっっっと
    ストーリーも中身空っぽでつまらない、キャラも同じ奴ばっかでつまらない
    宮本の注文通りになってたね!!!!凄い!!
    田邉も期待通りのものを作ってくれてありがとう!

  15. 匿名 より:

    スーパーペーパーの露骨に空気の違うオリキャラだけで進められるストーリーを反面教師にするのはまあわかるが、
    かといってガボン→ドガボンやテレサ→セバスチャソ・レサレサ みたいな派生種すらダメなのは正直違うと思う
    オズモーンなんかもオリジナルだけどマリオ敵として全く違和感はなかったな

  16. 匿名 より:

    ここのコメントがユーザーの愛で溢れている

  17. 匿名 より:

    デザイン画にはなつかしいキャラっぽいデザインもちらほらあったけど、ああいうのもミヤホンに媚びた田邊がNG出したのかな
    それにしては製品のジャンケン仮面のデザインどうしてああなったって感じだが

  18. 匿名 より:

    ファンの気持ちを理解しているマリルイシリーズとはどこで差がついてしまったのか…

  19. 匿名 より:

    もう俺の中では
    「ペーパーマリオ」は死んだ存在。
    何も期待しないし、
    発売しても買わない。
    タダでもいらない。

    スーパーシールは、
    それほどの失望をプレゼントしてくれた。

  20. ルイージマンション3 より:

    ゼルダの青沼さんは凄いな。

  21. 匿名 より:

    スーパーペーパーマリオから付いてくる仲間が妖精のようなものになってしまったがアレはストーリーや世界観のおかげでとても楽しかった。
    スーパーシールからはもう別のゲームになってしまったので今後は買わないだろうなぁ……。
    ストーリーのないゲームをやりたいなら普通のマリオシリーズをやるので、ペーパーマリオシリーズはしっかりと仲間と物語を作っていってほしい。

  22. 匿名 より:

    同じゲーム2つもいらない(片方はマリルイ)とか言って今までの要素排除したらいつものマリオシリーズになったっていう皮肉