PlayStation VRの発売日は2016年10月に。価格は44980円、160本以上のソフトが開発中

PlayStation VRの発売日は2016年10月に。価格は44980円、160本以上のソフトが開発中

 PlayStation VRの発売日と価格が発表されました。

 発売日は2016年10月で、価格は税別44980円です。

PlayStation VRの発売日と価格が発表されました

 PlayStation VRは、ヘッドセット型のバーチャルリアリティシステムです。

 目の前の仮想空間内のスクリーンでPS4用ソフトや、映像コンテンツなどを楽しむことが可能で、PS4本体とセットで使用することになります。

発売日は2016年10月で、価格は税別44980円です

 PSVR用の専用ソフトも開発されており、参入メーカーは全世界で230社以上と、メジャーな企業はほとんど参入を発表しています。

 サードも含めた開発中のソフトは160本以上あり、2016年末までに50本以上のソフトが発売予定となっています。

PlayStation VRは、ヘッドセット型のバーチャルリアリティシステムです

 ちなみに、直感的、かつ周囲のユーザーとともにプレイできる6本のゲームを収録したSCEのPSVR専用タイトル「THE PLAYROOM VR」というソフトは、PlayStation Storeで無料配信され、PSVRの本体(とPS4本体+PlayStation Camera)を購入するだけでこのソフトが遊べるようにもなっています。

 なお、日本における予約の開始時期は現時点では未定で、発売日が近づけばまた案内が出されます。

 情報元

 

PlayStationVR商品概要

PSVR用の専用ソフトも開発されており、参入メーカーは全世界で230社以上と、メジャーな企業はほとんど参入を発表しています

 

商品名 「プレイステーション ヴィーアール」
型番 CUH-ZVR1シリーズ
発売日 2016年10月
希望小売価格 44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンド
外形寸法
  • VRヘッドセット:約187 × 185 × 277 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く、ヘッドバンド長さ最短)
  • プロセッサーユニット:約143 × 36 × 143 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く)
質量
  • VRヘッドセット:約610 g (ケーブル含まず)
  • プロセッサーユニット:約365g
ディスプレイ方式 OLED
ディスプレイサイズ 5.7インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080
(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート 120Hz、90Hz
視野角 約100度
搭載センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)
接続端子
  • VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子
  • プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子
プロセッサーユニット機能 3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード
内容物
  • VRヘッドセット × 1
  • プロセッサーユニット × 1
  • VRヘッドセット接続ケーブル × 1
  • HDMIケーブル × 1
  • USBケーブル × 1
  • ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
  • 電源コード × 1
  • ACアダプター × 1
  • デザインおよび仕様は予告なく変更される可能性があります。
  • ※1北米および日本での価格は税抜き。欧州、英国での価格は税込み。
  • ※22016年3月16日時点。
  • ※32016年3月16日時点。
  • ※4各ソフトウェアのタイトル名は仮称です。また、日本での発売日は別途ご案内いたします。
  • ※5PS VRを初めて体験される方でも直感的に、かつ周囲のユーザーとともにプレイできる6本のゲームを収録。
  • ※6PlayStation VR 参入ツール・ミドルウェアメーカー一覧をご参照ください。
  • ※7最大225インチ(横幅5メートル)のスクリーンが2.5メートル先にあるように感じられます。体感するサイズには個人差があります。
  • 「PlayStation」、「プレイステーション」および「PS4」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
  • その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    VR機器としては安い
    周辺機器としては高い
    良くも悪くもコア向け商品だね

  2. 匿名 より:

    思ったより安かったな
    PCでも使えるなら買いなんだが

  3. 匿名 より:

    こういうハードを先に推してくるのは成功しない
    3DTV買わされたゲームと同じコースだろ
    ソフト側はオキュラスとかその他のVRゲームとマルチできるようにして
    水増しできるかもしれんが、性能が違い過ぎてオキュラス側の目指すVRの足引っ張るな

  4. 匿名 より:

    これ安全性や健康面の観点はどうなんだろう、目を覆うわけだから周りが見えなくなるし、あんな至近距離で画面見るって絶対目によろしくないと思うんだけど。

  5. 匿名 より:

    5人並んだ写真はWiiUを連想しちゃったけど無料ソフトのボリュームはどんなものか分からないけど無料はいいな。WiiUもニンテンドーランド無料にしとけばって思ったけどたいして変わらないか。値段がゲーム目的で買うにはやや高いけど海外でどのくらい受けるのか?日本ではその勢い次第って気がする。でも一回やってみたい感は相当あるなあ

  6. 匿名 より:

    ヘッドセットの位置把握用として PlayStation 4 camera が別途必須(約6000円)なのは公式でちゃんと明記しておいて欲しい。
    ゲームニュースを扱うサイトでも、見出しを含めて一切この事を取り上げていないところが多すぎる。

    ttp://www.polygon.com/2016/3/15/11241472/playstation-vr-camera-required

  7. いんくん より:

    PS4本体より周辺機器の方が高いという事がネックですし、周辺機器が普及した例ってあまりないのですよね。個人的には29980円(税抜き。ソニーらしく)とかだったらまだ一般の人の興味をそそられたと思いますが、技術的に難しいですし。まぁ日本では普及しないでしょう。ゲームへの偏見をまた助長する事になりますしね。(変態ゲームは多く出そう)

  8. 匿名 より:

    カメラ必須なんでしょ

  9. 匿名 より:

    3DSの時は目に悪いとか騒がれまくった思い出がある
    こっちの方が目には悪そうだな、距離はずっと変わらないんだもの
    でもゲームへ没頭できるなw

  10. 匿名 より:

    44,980円これ税抜き価格です

  11. 匿名 より:

    プロセッサーユニットとPS4はHDMIで繋ぐのですね。PS3やWiiUなんかも繋いでシネマティックモードで楽しめるか気になります。(WiiUはゲームパッド見えないのであまり意味が無いですが)

  12. 匿名 より:

    バーチャルボーイみたいな感じで3Dで見れたりするのかな…
    3D映画とかに対応してれば面白そう

  13. 匿名 より:

    5人並んだ画像、なんかの罰ゲームみたいだ(笑)

  14. 匿名 より:

    ソニーは時々こういったマニアックな周辺機器を開発しますね
    色々挑戦するのは良いことなんですが今まで周辺機器が流行った事がないんですよね
    ソフト開発に集中してほしいです

  15. 匿名 より:

    俺はVRでエ○ゲがでるまで絶対に死なないぞ。どんなゴミ社会だろうと絶対に生き延びてやる

  16. 匿名 より:

    問題はソフトだよねぇ
    単純に現代、SF、ファンタジーな世界とかを探検できるゲームとか作ってくれないかな